「自身とデートする権利」をオークションに出したキアヌ 嫌な感じ!と思ったがその理由を知った時 懺悔したくなった

キアヌ・リーブスと言えば、「スピード」や「マトリックス」シリーズで知られる俳優です。 そんなキアヌは、俳優としての知名度ももちろんですが、ハリウッドスターらしからぬ、慎み深い謙虚な性格をしていることでも有名です。

押しも押されもせぬスターのキアヌですが、私生活では父親の蒸発や婚約者の他界など、数多くの苦難を経験しており、それがキアヌを謙虚な性格に導いたのではないかとも噂されています。

キアヌが送ってきた人生は、こちらの記事でもお読みいただけます。

そんなキアヌですが、このほど、「自分とオンラインデートする権利」をオークションで出品した、ということがニュースになってしまいました。いくらキアヌと言えど、自分の魅力を利用して、ファンからお金を取ろうとするなんて、何だか感じが悪くない?そう思った人もいるのではないでしょうか。

しかしその背後にある事実を知ったら、キアヌに懺悔したくなること、間違いなしです。

実際に状況を説明しているツイートをご覧ください!

「キアヌ・リーブスがオンラインデートの権利をオークションで出品」という記事を見て、どうせまた誰かのためなんだろ?って覗いてみると

小児がんと闘う子供たちとその家族を支援する慈善団体に全額ぶち込んでて、分かってたはずなのに泣いた

なんということでしょう。

キアヌがオンラインデートの権利をオークションに出した理由…それは、小児がんと闘う子供たちとその家族を支援する慈善団体へ寄付することが目的だったのです!

疑ってごめんよキアヌ!あなたはなんていい人なんだ!😭

これにはTwitterの人々も、感動を禁じ得ませんでした。

Twitterの反応

しかしどうして、キアヌはがんに苦しむ子供たちへのチャリティー活動にここまで熱心なのでしょうか?

それには理由があったのです。

実はキアヌの実の妹キムは、10代の頃に白血病を患い、今も病魔と闘っています。キアヌはそんな妹キムを、精神的にも金銭的にもサポートし続けてきたのです。

そんなキアヌにとって、がんに苦しむ子供たちの問題は、決して他人事とは思えなかったのでしょう。

それにしても、スターとしての知名度を、がんに苦しむ子供たちのために使おうとするその行動力は尊敬に値します。

ちなみに、キアヌとの15分のオンラインデートの権利は、結局180万円ほどで落札されたようです。キアヌと直接プライベートな会話を交わせるのであれば、決して高くはない金額かもしれませんね!?

しかしそれだけの額ががんに苦しむ子供たちのために使われて、デート権を買った人もキアヌと話せて大満足となれば、全員がハッピーになれる素敵なチャリティーではないでしょうか?

いかがでしたか?

多くの苦難を味わって、それでも、決して世界に優しさを示すことをやめないキアヌ。マトリックスでは救世主ネオを演じた彼ですが、仮想現実ではなく本当の現実世界でも、まぎれもないヒーローなのかもしれません。

そんなキアヌの名言の数々は、こちらからお読みいただけます。

プレビュー画像:  / © Twitter/TheVagabond1996
出典

プレビュー画像:  / © Twitter/TheVagabond1996

コメント

おすすめの記事