コロンビアに歴史的勝利を収めた日本。しかし4時間後ベースに戻った彼らを待ち受けた言葉に耳を疑う。

19日、ロシア・ワールドカップ初戦・コロンビア戦で歴史的勝利を挙げた日本代表。

直前の監督の交代劇、さらに相手は圧倒的格上のコロンビアということもありこの勝利を期待していた人は多くはなかったでしょう。それだけに、勝利の瞬間のテレビの視聴率は50%を超えるほどの大きな盛り上がりを見せました。

その熱狂が渦巻く中、実は試合の4時間後にとてもほのぼのする出来事が起こっていたのをご存知でしょうか?サッカー日本代表がツイッターを更新し、その様子を伝えています。

『コロンビア戦に勝利した日本代表は、すぐにFIFAのチャーター機でサランスクを後にし、試合終了から4時間後にはベースキャンプに。チームを迎えたのは、宿舎の食堂のスタッフ。覚えたての「オメデトウ」という日本語とハイタッチでスタッフ、選手も思わず笑顔に。』

なんとロシアの食堂スタッフが日本語で祝福してくれたのです!本田圭佑選手がロシアでプレーしていたことも関係しているのでしょうか、日本に対する興味が強いのかもしれませんね。これには日本代表の選手たちも思わず顔をほころばせてしまいました。

こうした国を超えた交流もW杯の魅力ですね。次の試合も期待しましょう!

コメント

おすすめの記事