悲しい別れを経験したワイマラナー犬が、新たな友だちを見つけた!

犬を本当に愛する人は知っているはずです。彼らがその愛らしい瞳の奥に様々な感情を隠し持っていることを。 友情を築くこともできますし、友人を失くした時には心を痛めることだってあります。そして、時には深い悲しみを抱くこともあるのです。ワイマラナー犬のハーローもまさにそんな犬でした。

相棒のセージが死んでしまったとき、ハーローは深い悲しみを経験しました。夜寝ることもできず、食欲もほとんどなくなってしまうという時期が何日も続きました。この写真は、2匹を最後に撮影したものです。

ハーローがようやく立ち直り、他の犬と一緒に遊ぶようになったのはそれから何週間もたってからのことでした。きっかけは、彼の飼い主が新たな「兄弟」を家に連れてきたことでした。彼らはハーローから愛情たっぷりの歓迎を受けました。

すぐに3匹は常に一緒に行動するようになり、いつ見ても3匹で遊んでいたり、寄り添っていたりするようになったそうです。彼らはまた、写真のモデルとしても最高の3匹でした。

ハーロー、インディアン、そしてリースには体格にかなりの差がありますが、そんなことは3匹にとって大した問題ではありません。

彼らにとって最も幸せな瞬間、それは3匹で寄り添っているときです。なんだか仲間に入れてもらいたくなりますね!

ハーローがこんなにも元気を取り戻すとはだれも予想していなかったそうです。彼が古い友人のことを忘れたわけではありませんが、彼の顔を見れば新たな友情に幸せを感じていることがすぐにわかるでしょう。

動物には人間と同じような感情などない、なんていう人は、これを見てもまだ同じように感じるでしょうか?ハーローが新たな家族、新たな友人たちを得ることができて本当に良かったですね。これからもお幸せに!

コメント

おすすめの記事