トイレからドブネズミ、下水を登ってきた

トイレには色々な感情が詰まっています。緊張や安堵、恥ずかしさや焦り。まさにドラマ。ただ流れ出ていくべき穴から、何かが逆に出てくるときの恐怖といったら、表しきれない恐ろしさがあります。 以下の写真と映像は信じられない世界を写しています。

アメリカの掲示板サイトRedditのユーザーが、彼の叔父から送られてきたという写真を公開しました。男性の叔父はホテルに泊まっていたところ、部屋で変な音がすることに気づき、レセプションに問い合わせました。やがて音がトイレから出ていることが分かり、業者が来くることになったそうです。そして出てきたものに、居合わせた誰もが驚きました。

トイレの裏から出てきたのは、毛の生えた2本の足!それは、下水を這い上がってきた巨大なドブネズミのものでした。叔父が聞いた音は、このネズミが途中で引っかかってもがいる音だったのです。「自分の目が信じられませんでした。家でも気をつけなきゃ」と叔父は言っていたそうです。全てはプロの手で無事収まりましたが、自宅でこのようなことがあったらと考えると、恐ろしすぎます。

imgur/ChristopheRodriguez

下水には、通常トラップが設けられていますが、それをくぐり抜けてくるツワモノもいるのだとか。ドブネズミが真下から襲ってくる可能性だったあります。

View post on imgur.com

ドブネズミは嗅覚が発達しているため、残飯などをトイレに捨てて流すと、このようなことになる確率が上がるようです。ネズミは、臭いの元をたどって一所懸命に登っていきます。一番の対策は食べ物をトイレに流さないこと。13階まで下水を登ってドブネズミが現れた例もあるので油断は禁物です。

写真のネズミがその後どうなったかは分かりませんが、本当に恐ろしい体験ですね。

コメント

おすすめの記事