ドライバーで刺されても生きることを諦めなかったカメ

2015年9月のある日、ポールとダイアンのタトル夫妻はアメリカ・イリノイ州の自宅の前で奇妙な光景に出くわしました推定年齢70歳を超えるであろう生物がひどい受難の姿でゆっくりと通りを這っていたのです。

それはドライバーが甲羅に刺さったカミツキガメでした。誰かが残酷にも、このガメを殺そうとしたのは明らかでした。ひどい怪我にも関わらず、カメはタトル夫妻の中庭がまるで自分を救ってくれる場所であるのを知っているかのように迷わず中庭の中に這って入ってきたそうです。このカミツキガメ科のカメは強い顎を持ち、気性が荒いことで知られていますが、この手負いのカメは夫妻に威嚇の様子を見せることもなく、とても穏やかでした。

ポールとダイアンはカメに近づき、哀れな生き物が、頭部も刺されたことに気がつきショックを受けます。

頭部の刺し傷を見て、このカメは助からないかもしれないと直感的に感じたものの、夫妻は(夫妻の氏名タトルとカメのタートルをもじって)「タトル」と名付けたカメを動物病院 All Pets Vet Clinic へと連れて行きました。

ドライバーによる刺し傷のせいでタトルは片目を失い、頭蓋骨を骨折し体内にも損傷を負っていました。しかし、タトルは生に必死にしがみつきます。

タトルは少しずつ、しかし確実に回復へと向かっていきました。タトルの治療にあたり、病院は爬虫類と両生類の専門家ダグラス・ホルムズに連絡を取ります。ダグラスはタトルの回復を自宅で観察することを承諾、おかげで療養中のタトルは孤独に冬を越さずに済みました。

9ヶ月後、タトルはすっかり元気に回復して自然へと無事帰されたそうです。助けてくれた親切な人たちのおかげでタトルは再び自由で幸せな生活に戻ることができました。タトルに重傷を負わせた犯人はまだ見つかっていませんが、当局は現在も調査を続けているといいます。罪のない生き物に対し、このような残酷な仕打ちをすることができる人がいると想像するだけでもゾッとしますが、その反面、タトルのように怪我を負った生き物に救いの手を差し伸べることを厭わない人々が大勢いるという事実に救われます。

元気になれて良かった!これからも元気で長生きしてほしいですね。

コメント

おすすめの記事