ドナルド・トランプの絵を月経血で描いた女性アーティスト

アーティストのサラ・レヴィは昨年、世界を驚かせたある作品を作りました。当時まだ大統領候補であったあの人物のポートレートを自分の血液で描いたのです。

Facebook/Sarah Levy

2016年の大統領選を勝利して次期大統領になったドナルド・トランプ氏が、選挙活動を通して、世界中の女性たちから激しい批判を受けていたことはご存知かもしれません。例えば昨年の8月には、女性のジャーナリストが彼に厳しい質問 をした際、「彼女の目とかそういった所(whatever)から血が出ていた」と、女性の月経を示唆するような下品きわまりない発言をしたことに対して批判が広まっていました。

Facebook/Donald Trump

トランプ氏が女性蔑視の発言を続けることが耐えられなかったというサラは、その怒りを作品で表現します。

Facebook/Sarah Levy

「女性を侮辱するために、女性の生殖器官をもちだしたことは問題だと思います」と語るサラ。この「女性の生殖器」と「トランプ」を組み合わせて何かポジティブなものに変えられないかと考えたサラは、自分の月経血でトランプのポートレートを描き、ネット上で販売したのです。

Facebook/Sarah Levy

『Whatever』と題された作品は、昨年ネットで話題を呼びました。彼女のことを精神的に病んでいると言う人もいましたが、その一方で勇気があると称える人もいます。

どう思います?

コメント

おすすめの記事