餌場にやってくる訪問者たちのドアップ撮影に成功!

ドイツ出身のリサは、アメリカのミシガン州に長い間住んでいます。鳥が大好きなリサは、近くに住む鳥たちのために餌場を作り、鳥たちを遠くから眺めて楽しんでいました。 そんなリサの長年の夢は、餌場を訪れる鳥たちの姿を間近で見ること。

ある日、リサはインターネットで目的にぴったり叶う製品を発見しました。アメリカのスタートアップが開発したBird Photo Booth 2.0という製品です。まさに鳥を撮影するために作られたカメラで、カメラの前で何かが動くとモーションディテクターが動きを検知し、自動で写真を撮影してくれるんです。

リサが取り付けたカメラは、餌場の訪問者たちを見事に映し出していました。どんなお客さんが来ていたのでしょう?一緒にご覧ください。

1.  欲張りカラスを激写!

2. 口論中?それともデュエット中でしょうか?

3. こくびを傾げたこの子はいつも来る常連さん。

4. 空を飛ばないお客さんもいますよ。

5. 好奇心に満ちた表情

まさにドアップで撮影できるんですね!!個性あふれる鳥や小動物たちの自然な表情に癒されます。季節が移ろうにつれて、また新しいお客さんもくるのでしょうね。次の報告が楽しみです!

プレビュー画像: / © Twitter/ omgblog © Facebook/ Ostdrossel

コメント

おすすめの記事