ネガティブなボディイメージに挑戦する女性たち

ソーシャルメディアに毎日シェアされる”ビフォー&アフター”。ダイエットしてスリムになり、苦難の末に手に入れた「美しい姿」を誇る写真がほとんどす。 年齢を経てもまるで10代のようなほっそりとした体型を維持し続ける人たちをソーシャルメディアで目にしては、「自分は一体なんなんだ」と自己嫌悪におちいる人も多いはずです。

アメリカ人Twitterユーザーのテイラー・ライアンは、そんな自己嫌悪に苦しんだ1人です。彼女がTwitterに投稿したある写真が、多くの女性の心を捉えています。


人生の感動の瞬間を集めた動画はこちらからご覧いただけます(記事本文は下へスクロールしてください)。

 


「ダイエットの話がしたいのではありません。この写真を投稿したのは、意図せず体重が増えてしまったとき、私も自信を失ったことを伝えたかったから。ダイエット成功写真ばかり投稿するのはやめてほしい。体重が増えて、自信を失いかけている女の子たちへの応援メッセージよ」

体重が増えて自分の姿が嫌になったり、自信さえ失う人は多くいます。スリムなモデル体型の女性たちに隠れるように、自分の姿への誇らしさを見せることはほとんどないでしょう。でもテイラーは、「大人の女性の体重」をまとった女性の誇らしい姿を世の中に見せていこうとしています。そんなテイラーのメッセージに多くの女性たちが反応しています。

1.  74kgから100kgへ

2. 18kg増量した彼女の自信に溢れた笑顔。

3. ティーンエイジャーから、大人の女性へ

4. 19才のころ vs 25歳の今

5. 17才の頃、58kgだった。21才の今は81kg。

6. 2枚の写真の間には9年の歳月が流れた。12kg増量して、32才の大人の女性へ。

7. 22kg増えた今の自分に似合う色

8. 45kgから77kg

9. 体重が増えて罪悪感を感じていた

10. 「19才過ぎたらお肉のつき方が変わったの」

11. 「今の体重の方が気に入ってる」

12. 60kgから、産後の自然な体に

13. 14kg増えて美しいカービーボディに

14. ずっと若い頃の体型のままじゃなくていい

15. 「高校のプロムの頃、そして20年後の同窓会の私」

2014年にアメリカの雑誌Glamourが実施した体型に関する調査によると、回答者の54%が自分の体型に不満があると答えたそうです。この数は最初に調査を実施した1984年は41%だったそうで、ソーシャルメディアの影響が色濃く出ていると言えるでしょう。

だからこそ、ソーシャルメディアで架空のモデル体型でなく「大人の女性の体重」を世の中に見せてゆくテイラーたちの意義は大きいかもしれませんね。

プレビュー画像: ©Twitter/Tayyrainn

出典

boredpanda,

プレビュー画像: ©Twitter/Tayyrainn

コメント

おすすめの記事