ジョーク:人間の体の部位で刺激を与えると10倍の大きさになるもの

教科書通りに答えれば良いだけでした。しかし怒り奮闘の生徒は、この返しを予想していませんでした。

Reading Rockets

 小学6年生のクラスの担任教師が生徒たちに質問します。

 「人間の体の一部で刺激を与えると10倍の大きさになるものはなんでしょう?」

 誰も手をあげなかったため、教師はクラス一の秀才を刺しました。

「マリア、人間の体の一部で刺激を与えると10倍の大きさになるものは?」

 マリアは真っ赤な顔をして立ち上がり、答えました。

「先生!どうしてそんな質問をするの?パパにこのことを話して、校長先生に先生を辞めさせてもらうわ!」

 教師は少し驚きましたが平成を保って授業を続けます。

 そして、もう一度同じ質問をしました。

「人間の体の一部で刺激を与えると10倍の大きさになるものは何でしょう?わかる人はいませんか?」

 すると別の生徒が手をあげました。

「答えは、瞳。瞳孔です」

「正解。どうもありがとう、トーマス」

 教師はマリアにもう一度むきなおり、こう伝えました。

 「マリア、次はちゃんと教科書を読むようにしてください。あなたには少し下品な想像力があるようね。あと残念だけど、あなた将来、とてもがっかりすると思うわ」

Flickr/karitsu

コメント

おすすめの記事