飢餓状態で発見された雌犬、見事な回復を遂げる

ある日スペイン南部グラナダ州の警察が地域住民から、ひどく衰弱した状態の犬が放置されているとの通報を受けました。 知らせを受けた動物保護団体Albergue de Animales Dog Houseの職員が現場に駆けつけたとき、痩せ細った犬の命はすでに空前の灯火でした。犬はすぐさま獣医の元へ急いで搬送されます。

Imgur/nina9063

救助に関わったスタッフは、あまりの悲惨な状態に、犬が生き抜く望みはないと思ったそうです。

飢餓状態にあったこの雌犬は6.8キロしかなく、骨一本一本がはっきりと浮き立って見えました。

Imgur/nina9063

犬は衰弱し、立ち上がることもできませんでした。発見時にスパゲッティのように痩せ細ったいたことから、その後、イタリアのパスタブランドの名前を取って「バリラ」と名付けられました。

Imgur/nina9063

獣医はバリラの内臓機能がすぐに停止してしまうのではないかと心配しました。一晩もつかどうかさえ誰にもわかりませんでした。

しかしバリラは必死に生きようとしていました。バリラの目には、微かな光が宿っていたといいます。

Imgur/nina9063

獣医は循環器を整えるための点滴を打ち、その後、食べ物と水を少しずつ与えました。

Imgur/nina9063

毎日、5〜6回に分けて少量の餌を与えていくと、徐々に体重が増え、意識もはっきりしてきました。

Imgur/nina9063

救助者たちによると、バリラは推定生後10ヶ月の雌犬。生まれてからずっと閉じ込められた状態で、餌も水もほとんど与えられなかったのではないかということです。しかし幸いなことに、バリラは救助されたことで、世の中には良い人間もいるのだと知ることができました。

Imgur/nina9063

バリラはゆっくりと体調を回復させ、美しい姿を取り戻していきました。どうやらベルジアン・シェパード・ドッグの血を引いているようです。

Imgur/nina9063

こちらが元気になったバリラです。その姿は誇らしげで健康で、希望に満ちています。

Imgur/nina9063

一番素敵なニュースは、バリラの救助に当たったエドアルド・ロドリゲスがバリラに一目惚れし、自らバリラを引き取ることに決めたことです。

Imgur/nina9063

バリラはエドアルドの家族と5頭の仲間たちに温かく迎え入れられました。

Imgur/nina9063

バリラが悲惨な境遇を抜け出すことができて本当に良かったですね。これからの幸せな日々の中で過去の傷跡を癒していけることを願っています。

コメント

おすすめの記事