20年前、12歳の少女が環境サミットで行なった「伝説のスピーチ」

地球は汚染が進み、危機的な状況にあります。何事も一筋縄ではいかないのは誰もが知っていますが、この12歳の少女が披露したスピーチは193ヶ国の代表者を6分間沈黙させました。こちらをご覧下さい。

彼女の名前はセヴァン・スズキです。そしてこれは20年以上も前のスピーチです。

9歳でECO(子ども環境NGO)を立ち上げ、地元の環境活動に取り組んでいたセヴァンは、12歳のとき、ブラジルで開催された「地球サミット」に自分たちで旅費を集めて参加しました。最終日に本会議で得た6分間のスピーチは後に「伝説のスピーチ」として環境活動の象徴的存在となりました。カナダ人の彼女は環境問題活動家、講演者として現在も活動を続けています。

20年経っても状況はほとんど変わることなく、彼女のスピーチがいまだに的を射ているというのは本当に残念なことです。現代に生きる人みんなが改めて彼女のスピーチを聞くべきではないでしょうか。ぜひこのビデオをシェアしてください。

コメント

おすすめの記事