セーラームーンを自分の画風で描く#セーラームーンチャレンジ しかしマレーシアの絵描きが投稿したものに目を細めて凝視した

セーラームーンの人気は、日本だけにとどまりません。フィギュアスケートのメドベージェワ選手がセーラームーンの衣装で滑ったり、ロシアの男たちがアニメのオープニングを自分たちで再現してしまうなど、世界中から熱狂的な支持を得ているアニメなのです。

そして、世界中が新型コロナウイルスの影響で自粛を強いられる中、Twitterに突如として出現したハッシュタグがありました。それも、#セーラームーンチャレンジ

ルールは簡単です。画像のセーラームーンを、自分の絵柄で書いて投稿するというだけ。コロナで自粛中とだけあってか、一般の人だけでなく、芸能人やプロの漫画家やイラストレーターも参加し、Twitterでは大きな盛り上がりを見せています。

「モテキ」久保ミツロウ先生

「ポプテピピック」大川ぶくぶ先生

タレント中川翔子さん

しかしそんな中、あるマレーシアのイラストレーターが投稿したイラストを発端に、大きな議論が巻き起こってしまうのです。

実際にそのツイートをご覧ください。

ん、今まで投稿されてきたきた絵と違い、ずいぶんとオリエンタル感が前面に押し出されてきたセーラームーンですね?!

この絵に対して、世界のユーザーからは、「今までのセーラームーンは白人に寄せられすぎだったから、こっちの方が良い」「人種的にはこちらの方が正しい」という意見が寄せられました。

確かに、セーラームーンの金髪、青い瞳などの特徴は白人の特徴を思わせます。セーラームーンが日本人という設定であるのであれば、このマレーシアのイラストレーターの描いたものの方が現実には近いかもしれません。

しかし、これらの意見に対して、また多くの反論が寄せられます。「セーラームーンの金髪などの特徴はあくまでもアニメ的なデフォルメであって、白人に寄せているわけではないと思う」「私たち日本人は彼女を『日本人と互換のある想像上の何か』としか捉えておらず、特定の人種に結びついているわけではない」などなど…。

ちなみに投稿主のイラストレーターは、「この顔は単純に私の妹をモデルにして描いたもの」であると言っています。

いかがでしたか?議論は今もなお白熱しており、とどまる様子を見せませんが、ひとつだけ言えることは、セーラームーンは今や世界のものであるということ。これだけ大きな議論を巻き起こせる作品へ成長したと言えるのかもしれません。

プレビュー画像: / © Twitter/ @silverjow_art

出典

プレビュー画像: / © Twitter/ @silverjow_art

コメント

おすすめの記事