最期にもう一度だけ愛犬に会いたい、末期ガンと闘う女性の願い

ブラジルのポルトアレグレに住む49歳のレハネ・チリさんは、この動画が撮られた数ヶ月前に癌であることを宣告されました。 悲しいことに癌は身体中に移転し末期の状態でした。病気が進行し、病院から離れることできなくなってしまったレハナのもとを、家族や友達が毎日のようにお見舞いに訪れました。しかし大切な友人がまだ来ていないことに、レハネは心を痛めていました。

それは、飼い犬のリッチーでした。子犬の頃から飼っていた、彼女にとっては大切な家族です。レハネは病院に面会を許可してくれるようお願いしますが、安全面の不安からなかなか許可は下りません。レハネ本人の体も非常に弱っていて感染などのリスクがあったためです。

しかし、余命が短いことなどが考慮され、ついに特別にリッチーとの対面が許可されたのです。この最期の再会のために病院側は特別、部屋を用意してくれました。

当日、レハネの息子がリッチーを連れてきました。レハネを見たリッチーは我慢ができず大喜びでベッドに駆け寄ります。

こちらがその時の様子です。

看護師たちも感極まって涙を流しています。レハネとリッチーの間に結ばれた強い絆に、深く心を打たれました。

コメント

おすすめの記事