多胎のハイリスクにも負けず元気な五つ子を出産!

子供を希望する夫婦は多いことでしょう。簡単に子供を授かる夫婦もいれば、なかなか子供に恵まれず思い悩む夫婦もいます。 不妊に悩む夫婦の中にはときに、思いがけない状況で子宝に恵まれる場合もあるようです…。

その良い例がテキサス州在住のレイチェルとジェイソンのウィルキンソン夫妻です。当夫妻は数年前に結婚し、すでに二人の娘カイヤとリレイがいました。夫妻は三人目を切望し、妊活に励みましがなかなか妊娠できませんでした。

Youtube/wilkinsonquints

それでも夫妻は諦めず、とうとう不妊治療に踏み切りました。レイチェルはホルモン処方を受け、すぐに効果が現れました。レイチェルは再び妊娠したのです!産婦人科で初めて超音波検査を受けに行った夫妻に、医師は二つの心拍確認を告げました。つまり、双子です!嬉しいニュースに夫妻は大喜びでした。

物語はここでめでたく終わるはずでしたが、そうはいきませんでした。次の妊娠定期検査に訪れたとき、医師は更に心拍を確認します。「1、2、そうそう、双子でしたね。ちょっと待って、ここに三つ目と…ここにももう一つ。それから… 」と、もう止まりませんでした。心拍は合計5つ。五人の赤ちゃんがお腹にいたのです。不妊治療によりときに受精率が上がった結果、双子を妊娠することは時々起こりますが、レイチェルの場合は五つ子でした。

「今は『ショック!』の言葉しか浮かばない、」とレイチェルはブログに書き綴っています。

Youtube/wilkinsonquints

夫妻は非常に複雑な決断を迫られましたが、最終的にレイチェルとジェイソンは赤ちゃん全員を無事出産することを願い、この高いリスクを伴う多胎妊娠の継続を決意しました。決して全ての赤ちゃんの出産までの生存率は高くないと言われていましたが、無事に5人とも順調に成長していきました。強運で珍しいケースの五つ子達でした。

レイチェルのお腹はどんどん大きくなっていきました!この時点で妊娠 33 週目、妊娠期間はまだまだ続きます。

Youtube/wilkinsonquints

そして忘れもしない2007年7月20日、五人の元気な赤ちゃんが生まれました。三人の女の子と二人の男の子です。カシディ、ケイデンス、ケンダル、ルスティン、ライダーと名付けられました。

この特別な日、ウィルキンソン夫妻と親しい人々は夫妻を助けるために病院に駆けつけました。最終的には29人が分娩室を訪れたのだとか…。

でも物語はまだまだ終わりそうにもありません、まだ始まったばかりです。五つ子の両親の気持ちを少しでも体験してみたかったら、9人家族となったジェイソンがYoutubeに投稿した可愛い面白いビデオを是非ご覧下さい。

9人家族となったウィルキンソン家の生活の様子は、こちらビデオを視聴できます。(音声は英語のみ)

コメント

おすすめの記事