可愛いピューマが後をついてきた しかし7秒後の豹変に背筋がゾッと寒くなった

ピューマ(英語名クーガー)と言えば、北アメリカから南アメリカに分布する大型のヤマネコです。

スポーツブランドのイメージにも使用されているので、俊敏で精悍なイメージを連想する人が多いかもしれません。フォルムは基本的に猫型なので、人によっては、可愛いなんてイメージを持っている人もいるかもしれませんね。

tori

しかし、アメリカ・ユタ州で撮影された映像を見た後では、もうそんなことは言えなくなるかもしれません。

撮影者のカイル・バージェスさんは、ユタ州プロボに近いスレートキャニオン公園でハイキングをしていたそうです。ハイキングの途中、カイルさんはピューマの子供たちに遭遇。可愛いなぁなんて思いながらも、特に何もせずに通り過ぎたそう。

しばらくそのまま歩いていると…茂みから現れた影に、腰を抜かしそうになりました。

怒りに震えた母ピューマが追跡してきていたのです!

実際にその動画をご覧ください!

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von kyle Burgess (@kunkyle) am

ピューマの距離の詰め方、こわッ😨

Instagram/ kunkyle

カイルさんは、「向こうへ行け!」と叫んだり、「いい子だから」となだめたり、「ガォ〜ッ」と大きな声を出したり、ありとあらゆる手を尽くして追い払おうとしますが、効果なし!

この追跡はなんと6分間も続き、十分に威嚇できたと思ったのか、母ピューマはその後子供たちのいる方向へサッと消えて行きました。

それにしても…猫ちゃんのような外見ですが、目をつけられたら可愛いひっかき傷程度ではすみません!真の捕食者・プレデターと呼ぶに相応しい一面を垣間見てしまった気がします

Twitterの反応

しかしどうして、カイルさんはことなきを得ることが出来たのでしょうか?

それは、カイルさんが無意識に、襲ってくるピューマに有効な手立てを打っていたからでした。そうでなかったら、命を奪われていた可能性は否定できないでしょう。

一見すると可愛いピューマですが…野生を剥き出しにした時、捕食者としての獰猛な一面が目を醒します。特に子育て中の動物は気が立っており大変に危険です。

自然のテリトリーを決して犯さぬよう、人間の方が注意して、野生動物たちには心穏やかに子育てをさせてあげたいものです。

プレビュー画像: / © Instagram/ kunkyle

出典

プレビュー画像: / © Instagram/ kunkyle

コメント

おすすめの記事