ペットにしつけられた15人の飼い主たち

犬でも猫でもペットを飼った人は散歩や餌やりなど新しい生活習慣を始めなければなりません。 ペットを飼うと生活リズムが整い、健康になると言われるのもそのためです。でも、ペットを飼うことで変化することはそれだけではありません。

海外のインターネットサイトredditではこんな質問が投稿されました。「あなたがペットに(偶然)しつけられたことは何ですか?」この質問に寄せられたうち15人の回答をご紹介しましょう。

1. 分け合う喜び

「朝のランニング前に、バナナを一本一気喰いするのが日課だった。でも犬を飼って以来、バナナの3分の2は僕、残りは犬が食べるようになった。僕たちの暗黙のルールだ」 – oksandwiches

2. カシャカシャ音厳禁

「アルミホイルの蓋をできるだけ静かに開けるようになりました。うちの猫はアルミホイルのボールが大好きで、あの音を聞くと駆け寄ってきてじーっと見るのです(アルミホイルのボールをすでに24個も持っているのに!)。おやつの袋や缶で呼んでも、ホイルの魅力には勝てないみたい」 – BasementBeholders

Pixabay/Sbringser

3. 水濡れ注意

「どういうわけか、うちの猫は氷の塊でホッケーをするのが好き。だから私は飲み物に氷を入れるたびに、猫の水容器に氷を入れてしまいます。おかげで靴下がいつのまにか濡れていて驚くんですけどね」 – adeiner

4. 枕になる

「愛犬ユーリは、毎晩私を枕にして寝ます。最初のうちは、ユーリの頭を押しのけていました。でも、ユーリは私に気づかれないようにそーっと私の胸に頭を乗せる方法を見つけてしまいました。今はもうあきらめて枕になっています」 – Consumerwhore264

Pixabay/falellorente

5. ベッドになる

「猫が私の背中かお腹の上で寝るので、仰向けかうつ伏せで寝るようになりました。以前は横向きで寝ていたのに…。人間のベッドが大好きな高齢猫がいるので仕方ありませんね」

HouseDownTheStreet

6. 身から出たサビとは言え・・・

「私が飼っている猫は、ネズミのおもちゃを投げてもらって取ってくる遊びが大好き。とにかくしつこい。でも、投げてあげないと私のノートパソコンのキーボードの上に座ってしまいます。最初、私がノートパソコンに座らせないために、ネズミのおもちゃを投げたからなんですけどね…」 – Mortambulist

Pixabay/Pexels

7. 視線で命令

「愛犬が水を飲むたびにボウルの水を交換しなければなりません。満杯であっても関係ないのです。私がボウルを空にして新しい水を入れるまで、そこに立って私を見つめているのです」 – bippityboppityhyeem

8. 指パッチン禁止

「犬が明らかに嫌がるので指を鳴らさないようにしています」  – fragmentsofemma

Pixabay/angel1238812

9. もはや無意識

「私の猫は、毛布の下で私に寄り添って寝ています。ホテルに宿泊しているときでも、無意識に毛布を少し上げて猫が入れるようにしてしまいます」– Fafurion

10. お食事ですよ

「母が飼っている犬は、母に夕飯の時間を知らせます。犬は母の食事の後にご飯をもらえると知っているので、お腹が空いてくると母に料理を始めるように近くに来て無言のプレッシャーをかけるのです。
私が遊びに行き、座って母とおしゃべりをしていると、犬が横から入ってきます。30秒後に母は思い出したように時計を見て『そろそろ食事の時間ね』と言うんです。母は犬に操られていることに全く気づいていないようです」– prolixia

Pixabay/Pexels

11. 挨拶は大切

「私が帰宅すると、犬が興奮した様子でドアの前に来て、尻尾を振りながらウォウォウォウォと鳴きます。
私は最初は面白がって、ウォウォウォウォと返していたのですが、今ではそうしないと彼女がうるさく吠えはじめるんです」– kay_citrine

12. 忍びの技

「暗闇では小さな黒猫を踏まないように、普通に歩かず、摺り足で歩くようになりました」– The-most-best-potato

Pixabay/ClaudiaWollesen

13. 水は新鮮なものを

「実家の猫は水道から直接水を飲みたがる。毎晩寝る前にシンクに飛び込んで、誰かが蛇口をひねるまでニャーニャー鳴いている。十分に飲み終わったら、誰かが蛇口を閉めてベッドに運ぶまで、また鳴いている」– lestgobuffaslug

Pixabay/PicsbyFran

14. 女性らしく

「私はいつも女性らしい優しい口調で愛犬に語りかけます。愛犬は虐待を受けたことがあり、男性を恐がっているから」 – IFS84

15. 食事中のおねだり

「うちの猫がまだ小さかった頃、食事中に撫でるというアイデアを思いついた。多くの動物は食事中に人が近くにいると威嚇するから。作戦はうまくいった、というか…うまくいきすぎた。今では食事中には必ず撫でろと言ってくる」– Proreader

Pixabay/Dimhou

愛するペットのためなら、枕になったり、ベッドになったり、忍びになったりする飼い主さんたちの奮闘ぶりになんだか癒されますね。ペットの力は偉大です!

ペットを飼うなんて考えてもなかったのに、すっかりメロメロになってしまった人たちもいます。こちらの記事も併せてご覧ください。

プレビュー画像: © Pixabay/falellorente

出典

boredpanda,

プレビュー画像: © Pixabay/falellorente

コメント

おすすめの記事