【陽性者が出た】中学生のクラス全員がPCR検査を受けた結果…起こったことに思わずハッとせずにいられない

PCR検査。

そんな耳慣れなかった言葉は、新型コロナウイルスの蔓延で、いつの間にかもっともよく聞く言葉のひとつになってしまいました。


心揺さぶられる感動の動画は以下よりご覧いただけます。(記事の続きはスクロール!)

 


こんなコロナ禍において、大きな打撃を受けているのは何も大人たちだけではありません。

中学生や高校生にも、この状況はずっしりとのしかかっています。

まだ勉強をたくさんしなければいけない、人生における非常に重要なステージを、大きな制限と共に過ごさなければならない悲しさ。

友達とたくさん体を使って遊んだりもしたい時期のはずです。

※画像はイメージです。

そんな理不尽を押し付けられ、全国の中高生は一体どんな気持ちで過ごしているのでしょう?

今、Twitterで、コロナ禍の中学校で起きたあるエピソードが話題になっています。

そのツイート主さんの息子さんが通っている中学校で陽性者が出てしまったため、同級生全員がPCR検査を受けなければならなかったそうです。

「一体誰なのかね…?」そんなことを聞いたツイート主さんに返ってきた彼からの言葉が、胸を打ちます。

実際にそのツイートをご覧ください!

中学生の息子さんは、こう跳ね除けたのです。

「俺たちは知らないし知るつもりもない」

それは、ツイート主さんの息子さんだけではありません。学校が再開されても、クラスメイトの中に、「誰が陽性者だったのか」と話題に出す人は一人もいなかったそうです。

感染が拡大した今となっては、どこにいても何をしていても誰もが感染してしまう可能性があります。そんな状況下で、感染してしまった人を責めるような犯人探しには意味がないと、(1年前まで小学生だった)中学生でも気づいているのです。

私たち大人がどう振る舞うべきなのか、深く考えさせられてしまいますね。

プレビュー画像:  / © Twitter/dokkyo_saitama_
出典

プレビュー画像:  / © Twitter/dokkyo_saitama_

コメント

おすすめの記事