帝王切開がいかに大変か、傷痕を写真投稿した母

ブロガーのオリビア・ホワイトは夫と二人の娘アナベルとテオドラと共にオーストアラリア、メルボルンで暮らしています。 次女を帝王切開で出産した直後、早速オリビアは自撮りしたセルフィー画像をInstagramにメッセージ付きで投稿することにしました。胸のつかえを打ち明けて心の重荷を下ろす必要があったのです。

 

Look I know it might not be my best angle (or is it?) but who wouldn't take selfies hours post birth so they can see where they sliced you open and yanked out a whole person (if you couldn't tell I still couldn't see past my still inflated uterus) This is what you really look like a few hours post c-section To anyone who thinks it's the easy way out, we'll try having a 6 inch gash in your abdomen like a gutted shark who had the body parts of the surfer it ate retrieved! That's then sewn back together with fishing wire while it feels like your vital organs are trying to escape! I mean sure, everything is and till the spinal wears off! After that it's like you've been hit by a bus which then backed over you just to make sure it didn't miss you the first time! If you don't time the Endone exactly before the previous lot wore off then you will most certainly know you are alive (while wishing you were dead) ☠️ and worst of all you'll feel as if you'll spend your entire life wearing nanna knickers up around your waist because the thought of anything settling in the canyon between your gut and pubic region is the stuff nightmares are made of Anyone who's ever had c section knows that you'll forever be dependant on your friends Nancy, Dr 90210 and Spanx because you cannot for the life of you get rise of the ditch that is left by the scar But for all the skin tight Kookai dresses I bought while pregnant that now make me look like I have a Kangaroo pouch - I wouldn't change it! Because if it wasn't for the ability to deliver my babies this way they might not be here today plus I recon getting cut from A to B sounds way worse

A post shared by ✖️ OLIVIA WHITE ✖️ (@houseofwhite_) on

以下、Instagram投稿文より。

「見て、ベストアングルではない(もしかしたらベストかも?)ことは分かっているんだけど、出産数時間後の自撮りをせずにいられなかったの。どこを切り開いて中にいる人間を引っ張り出すのか、見て取れるでしょ。(まだ膨張したままの子宮のせいで向こう側が見えないけど)この姿がまさに帝王切開出産から数時間経過した母体なの。通常分娩に比べて簡単な出産方法だって言う人は、お腹に約15cmの深い切り傷を入れてみるといいわ。まるで食べたサーファー体のパーツを内臓ごと引っこ抜かれたサメのようよ!しかも、臓器が飛び出しそうになっているのを縫合糸で元どおりに縫い合わされる!麻酔の効果が徐々に薄れていくことも忘れないで。麻酔が切れた後は、バスにはねられた上にさらにトドメのもう一轢きをくらうような感じだわ。麻酔が切れる前に鎮痛剤のEndoneを確実に服用しておかないと、自分が生きていることを(激痛のあまり、死にたいと願いながら)さぞかし実感することになるでしょうね。そしてきっと誰にとっても最悪のことは、胃腸部分から恥骨部分まで深く切り込んだ傷のせいで、今後生涯おばあちゃん専用みたいなウエストまであるデカパンを履き続けなければいけないことね。帝王切開経験者ならご存知だと思うけど、今後ずっとNancyやDr 90210やSpanx*に頼ることになるでしょうね。だって傷跡があるからって人生を棒に振るわけにはいかないじゃない。でも妊娠中に購入した体にタイトなラインのKookaïのワンピースを着ると、まるでお腹のポケットに赤ちゃんがいるカンガルーみたいよ。でも後悔はしてないわ!だってこの出産方法がなければ、私の子供たちは今こうしてここにいなかったかもしれないんだもの。」

*Nancy:裁縫をテーマにしたアメリカのTV番組、Dr 90210:整形手術をテーマにしたテレビ番組、Spanx:超万能ガードル

オリビアは他にも数枚の写真を投稿しました。こちらは分娩室の様子です。

二人の娘たちはどちらも帝王切開で生まれました。

オリビアにとっては、最愛の宝ものです。

オリビアの投稿のシェア数は数千回を超え、多くの母親たちが分娩室での体験話を共有するきっかけとなりました。

「帝王切開がなければ無事に出産し母となることができなかったであろうケースは数多くあります。出産とは実際にどのようなものであるのか、経験者が各自体験をシェアすることは有意義なことだと思います」とオリビア。

残念ながら、帝王切開による出産は「麻酔により痛みがない=楽な出産」だと誤った認識や偏見が未だにあるのも事実です。実際には麻酔が切れた後の痛みや縫合後の引きつりは長く続き、通常分娩に比べると母体の回復にも時間がかかります。

「出産方法は様々ですが、同じ母であることに変わりはありません。お互いに結束するべきなのです」とオリビアは語っています。

出典

Today

コメント

おすすめの記事