劇的な展開:八つ子の母がポルノ業界を去る

ある女性にとっては人工授精が子どもを授かる唯一の手段という場合があります。2009年、カリフォルニアに住むナタリー・スルマンは不妊治療を開始することにしました。 しかし同じ状況のほかの女性たちとは対照的に、彼女はすでに体外受精で妊娠した6人の子どもの母親でした。さらに、ナタリーは当時無職でした。

Instagram/ nataliesuleman

医師たちは確実に妊娠を成功させるために、ナタリーの体内に12個の受精卵を移植しました。彼女はすぐに妊娠しましたが、なんと八つ子を妊娠していたのです!「八つ子ママ」として彼女はメディアに注目されたのはもちろん、理想的とは言えない財政状況が相まって多くの議論を巻き起こしました。

いずれにせよこの当時無職の34歳のシングルマザーは、14人の子どもを育てなければならない状況に立たされていました。それは、一人では背負いきれないほどの負荷で、養うためにナタリーは劇的な手段をとります。ポルノ業界で女優となり、空いた時間はストリッパーとして働きはじめたのです。こうした業界に身を置く多くの女性と同じく、ナタリーは過酷な現実から逃避するために沈静剤などを乱用し始めたといいます。

natalie

しかし2013年3月、彼女はポルノ業界からの引退を決めます。10歳になる娘がナタリーの仕事用の服を着てハイヒールを履き、ポーズをとりながら家の中をうろついているのを目撃したのです。それがナタリーが決意を固めた瞬間でした。

octo

ナタリーは過去を心から恥じ、昔の「無責任な八つ子ママ」のイメージをどうにかして自分と切り離したいと思ったそうです。

mom8

現在ナタリーは、カリフォルニア州オレンジカウンティでファミリーセラピストとして働いています。現在も独身のままで、その状況は今後も変わる予定はないと言います。「私は家族と子どもたちと結婚したようなものなの。子どもたちを放っておいて他人のために使う時間なんてない」14人の子どもたちを育てながら、母親は辛い過去から決別し、新たな未来を切り拓こうとしています。過去に過ちを犯したからといって新しい未来を築けないわけではない、ということをナタリーは身を持って子どもたちに示そうとしているのです。

コメント

おすすめの記事