「なんだあのメイク」…SNSでバッシングを受けた息子 しかしその時 桑田真澄が送った言葉に心動かされる

Mattさんといえば、ユニークなメイクが特徴的なタレント兼モデル。

2017年ごろ彗星の如く現れ、今ではバラエティ番組や、テレビCMなどの出演ですっかりお茶の間の人気者になりましたよね。

そんなMattさん、あまりにもイメージがかけ離れていますが、あの超有名野球選手、桑田真澄さんの次男としてもよく知られています。

しかしここで気になるのはやはり、親子の関係性ではないでしょうか。厳しい体育会系の世界で生きてきた父、桑田真澄。それとは180度方向の違う芸能界に進んでいく息子のことを、父はどのように感じていたのでしょうか。

体育会系の感覚では、「男がメイクなんてありえない!」なんてことになってしまいそうですが…

先日Mattさんは、父との驚くようなエピソードを出演したTV番組「痛快TV スカッとジャパンSP」(フジテレビ系)で明かし、大きな話題を呼んでいます。

Mattさんは元々ブライダルモデルをしており、メイクに目覚めたのはブライダル会社の専属モデルになったことがきっかけでした。

そんなMattさんに転機が訪れたのは2016年のこと。ハロウィーンの仮装姿をSNSにアップしたところこれが評判を呼び、テレビに出演することになったのです。

しかし…多くの視聴者は、その見慣れない奇抜なメイクに驚き、「なんだあのメイク」「奇をてらいすぎ」…そんなネガティブなコメントがSNS上に溢れることになってしまいました。

さらには、「桑田真澄さんの息子」として紹介されていたことに対しても、「桑田の顔に泥を塗った」…そんな心ない誹謗中傷が次々と飛んできてしまったのです。

深く落ち込んだMattさん。自分のことだけならまだしも、父にも迷惑をかけてしまったかもしれない…そんな自責の念にかられていた時、父・桑田真澄さんからかけられた言葉は、あまりにも意外なものでした。

「大丈夫か?常識にとらわれなくていい。大事なのは周りの評価ではなく自分が信じた道を貫くこと。それでいいんだよ」

父がMattさんに語りかけた言葉…それは、息子の生き方を全面的に肯定し、優しく背中を押すものでした。

この言葉を聞いて、何か吹っ切れたように感じたというMattさん。2年ほど暗い時期を味わっていましたが、自分のスタイルを貫く覚悟を決め、堂々とメイクを披露し続けたところ、Mattさんに魅了される視聴者はじわじわと増えていったのです。

現在、Mattさんがその特有なポジションを作り上げ、お茶の間の人気者になっていることはみなさんご存知の通りです。

番組の終わりに、桑田さんは息子のMattさんにこうエールを送りました。

「理解してくれる人もいるし、理解してくれない人もたくさんいる。けど、自分の信じた道を行きなさい。これからどんどんいろんな人と出会って。だまされたり、傷つくこともあるかもしれないが、常に自分を信じて、周りの人に感謝の気持ちを持って、人生を歩んでいきなさい」…

桑田さん自身も、息子が浮き沈みの激しい芸能界に身を置くことは不安でたまらないのではないでしょうか。それでも息子を信じ、温かく見守る様子に、視聴者からは感動の声があがっています。

Twitterの声

いかがでしたか?

例え進む世界が違っても、自分を信じて進んでいくことの大切さを、桑田さんは息子に伝えようとしたのかもしれません。

その父からのメッセージ、Mattさんにもしっかりと届いたことは、今のMattさんの活躍を見れば明白です。

このエピソードを聞いた今、Mattさんの今後の活躍が、ますます楽しみになってしまいますね!

プレビュー画像:  / © Twitter/achaco2

出典

プレビュー画像:  / © Twitter/achaco2

コメント

おすすめの記事