【恥ずかしい動画】麻酔のせいで 普段言えないような恥ずかしいことを次々と口走ってしまった若者

現代の手術や歯の治療は麻酔なしでは考えられません。でも他の薬と同様、麻酔にも副作用がでることがあります。 たとえば、麻酔が切れた時に吐き気や頭痛がしたり、混乱やせん妄がみられることがあります。なかには、このビデオの青年のように、まるでお酒に酔ったように饒舌になったり、とんでもないことを口走ってしまう人もいます。

この若者は交通事故に遭い、全身麻酔下で大腿骨の矯正手術を受けました。薬は痛みを和らげてくれただけでなく、彼をスーパーハイテンションな状態にしてしまったようです。麻酔が切れたあと、饒舌に喋り続ける青年。そして、様子を見に来た看護師に対して、彼がとんでもないことを口走ってしまった一部始終を父親が撮影していました。

YouTube/イミシン

看護師も慣れたもので、患者の生意気な言い分をユーモアで受け止めてくれていますが、麻酔の影響とはいえ礼儀を忘れてしまった息子に対し、父親は「女性には敬意を持って接しろ!」とたしなめています。でも実はお父さんもハイテンションすぎる息子を見て笑いをこらえるのに必死。ビデオを持つ手がプルプルと震えています。

YoutTube/イミシン

この若者もきっとこの動画を見返して、自分の姿に苦笑していることでしょう。

みなさんは麻酔から目覚めたときに思わず変なことを口走った経験はありますか?

プレビュー画像: ©Jukin Media

出典

jukinmedia,

プレビュー画像: ©Jukin Media

コメント

おすすめの記事