母の黒焦げパン。その時とった父の行動と言葉がずっと忘れらない

その瞬間、食卓は静まり返った。しかし父が言った一言が全てを変えた。

flickr

私が子どもの頃、家に帰ると必ず温かい夕飯が待っていた。母は家族のために毎日台所に立っていた。その中でも一番記憶に残っている夕食があって、今でもその時のことをよく憶えている。

その日、父はすごく疲れた様子で仕事から帰宅した。夕飯はボリュームたっぷりのシチューだった。母は、トーストしたパンに塗る用のハーブを混ぜたバターを用意していた。でも食卓に出てきたのはパンではなくて、真っ黒な石炭をスライスしたようなものだった。トーストになるはずだったパンは、真っ黒に焦げていた。私は何も言わずに、父が何か言うんじゃないかと思いながら、ジッと黙って待っていた。でも父は何も言わなかった。

父は何事もなかったように黒こげのパンを手に取り、ハーブ入りのバターを塗って美味しそうに食べ始めた。そして黒こげのパンを頬張りながら、私との会話を続けた。学校はどうだったか、宿題はもう済ませたのか。どう答えたかはもう憶えていないけど、その後に起こったことを私は一生忘れる事ができないと思う。

母が焦げたパンについて謝り始めた。そしたら父は落ち着いた様子で笑顔を見せてこう言った。

「何を言ってるんだよ、ハニー!僕の一番好きな焼き加減じゃないか!」

その晩、父が私の部屋に来てお休みのキスをしてくれたとき、本当に焦げたパンが好きなのかを聞いてみた。そしたらギュッと抱きしめられて、こう言われた。

「いいか?ママは今日とっても疲れていたんだ。たまにはパンが焦げてしまう日だってある。それにちょっとパンが焦げたからって誰も傷つかないだろう?間違った時に間違ったことを言ってしまうことの方が、よっぽど誰かを傷つけてしまうことがある」

パパはさらに強く私を抱きしめて続けた。

「人生には計画通りに行かないことが沢山ある。人間は完璧じゃないからね。たとえばパパは約束事を忘れてしまったり、結婚記念日を忘れてしまったりする。でもね、時間が経つに連れて人は周りにいる人たちの間違えや失敗を受け入れられるようになっていくんだ。その失敗を愛せるくらいにね。これは2人の人間が長く良い関係を保つための秘訣だよ。人生は、後悔に時間を費やすには短すぎるってことだ。自分を大切にしてくれる人を愛さなくてはならない。そして、まだそれに気がついてない人に同情することも忘れてはならない」

その時の父が何を伝えようとしていたか、今の私にはよく分かる。

flickr

立派な人生のモットーを持ったお父さん、そして旦那さんですね。

思いやりを大切にしましょう。 

コメント

おすすめの記事