ちえとくをフォローする

キュート&おもしろ

カメラに映り込んだコヨーテは何かを必死に見つめていた。次の瞬間カメラに映ったものに人々は息を飲んだ

北アメリカ全域にその生息地を持つコヨーテ。犬科に属し、その見た目がオオカミに似ているコヨーテは環境への適応能力が高く、1匹で、つがいで、または群れで行動をします。

アメリカ・カリフォルニア州環境保護団体「Peninsula Open Space Trust」(以下POST)は橋や排水溝などに数十台のリモートセンサーカメラを設置し、地域の野生動物の行動を調査していました。そこである珍しい映像が撮影されたのです。それがこちら。

排水溝の前に設置されたカメラの前に現れたコヨーテ。何かをじっと見つめています。

©️[email protected]_fans

待ちきれなかったのか、尻尾を降り出すと…

©️[email protected]_fans

次の瞬間、現れたのはなんとアナグマ🦡ゆっくりとやってきてお尻をフリフリしながらコヨーテの後をついて行きました。

©️[email protected]_fans

「早く、こっちこっち!」「今、行くよ〜」

なんて会話が聞こえてきそうなこの映像。アナグマが現れた瞬間、あまりにも予想外すぎて思わず、え!と目を丸くしてしまいそうになります。

これまでの研究により、穴を掘るのが得意なアナグマと足の速いコヨーテが地面に穴を掘って暮らすジリスを捕まえるため、アナグマがリスの巣穴を掘り返し、獲物が地面に姿を現した瞬間にコヨーテがこれを捕えるという2種間の協力関係が確認されてきました。しかし、POSTによるとこのように人間のつくった構造物をコヨーテとアナグマが一緒に移動する場面をとらえた映像は初めてだそう。

アナグマが現れた瞬間、まさか!と驚きますが、2匹連れ立って歩いていく姿に心が温かくなった人続出。2匹の友情にまるで映画ような世界と感動した人もいたようです。

アナグマが来るのが待ちきれないコヨーテのはしゃぐ姿、最高に可愛いですね。

クマとオオカミの不思議な友情も是非ご覧ください。

プレビュー画像: ©️[email protected]_fans