ジョーク: 知り過ぎた子供

ピュアな子供たちの無邪気な質問はときに大人をドキッとさせます。「僕はどうやって生まれてきたの?」息子からの質問に落ち着いた様子で答えるお母さん…一体どのようにして説明するつもりなのでしょうか?

オランダのとある家庭で、10歳の息子が両親に尋ねました。

「ねえ、僕はどうやって生まれてきたの?ママはどうやって僕を妊娠したの?」

新聞を読んでいた父親は、記事を読むのに夢中なフリをして新聞紙で顔を隠してしまいました。

Pixabay

母親は小さくため息をつくと、覚悟したかのような表情を浮かべ口を開きました。

「ええと、そうね、何年も前、パパとママはある素晴らしい植物を植えることにしたの。

パパは地面に種を撒いて、ママは毎日水やりをしてじっと待ったの。やがて種から小さな可愛い芽が出て、パパもママも大喜びで見守る中、それは少しずつ大きく成長していったの。ママはその大切な芽が枯れたりしないように、日夜ずっと見守りつづけたわ」

Pixabay

「そして芽生から数ヶ月後…その時はついに訪れたの。植物は美しくしっかりと成長し、次のステップへの準備が整ったのよ。

パパとママは柔らかな葉っぱを収穫すると、乾燥させて…吸ったの。

 

私たちはあまりにもハイになりすぎたものだから…つい、うっかりコンドームをつけ忘れちゃったのよ」

 

※ 海外の一部の国や地域では、医療用などに関するマリファナの合法化が進んでおり、オランダでは個人的に少量を所持することは認められていますが、日本では違法。取締法により規制されています。

プレビュー画像: ©Media Partisans

出典

プレビュー画像: ©Media Partisans

コメント

おすすめの記事