晴れの日の珍事!結婚式で本当に起きたハプニング16選

人生の大きな節目となる結婚式。感動的な晴れの日となるはずが、思いがけないハプニングで新郎新婦もゲストも大爆笑…なんてこともあるようです。 笑いで終わればいいけれど、ときには会場が凍りつく恐ろしいハプニングが起こることも!!そんな笑いあり、涙あり、恐怖ありの結婚式の珍事をご紹介しましょう。

1. 「手を繋いで階段を下りていくとき、下から3段目でドレスの裾を踏んでしまった。新郎のティムが手を握っていてくれたから私のドレスは無事だったけど、ティムは下で待ち構えていたゲストのなかに投げ出されてズボンが破れてしまった」

2. 「激しく踊りすぎた…」

3. 「夫がコンタクトレンズ用液と間違えて耳垢除去剤を目に入れてしまった。彼は式の間、目が見えず、私が出てきたときは『可愛くて、白くぼやけたものが通路を歩いてきた』ように見えたんですって」

4. 「新郎が新婦にキスするのを見た、新郎の姉の顔」

5. 「花嫁が通路を歩いてきた時、穏やかな新郎らしい表情をしてたつもりだったけど、実際はこんな顔してたらしい」

6. 「ロマンチックにお姫様抱っこするつもりが無残な結果に。誓いの言葉の後でよかったよ」

7. 「私たちの結婚式に義母がウエディングドレスで出席」驚愕…!!

8. 「兄の結婚式で、キャンドルサービス中に新婦のウエディングドレスに火がついてしまった。すぐに消されて、ほっとしたとき、DJが『ガール・オン・ファイア(Girl on Fire)』を流した」

9. 「夫の祖母が祭壇にいた私たちの写真を撮ろうとして、つまずいてしまいました。祖母を助けようとして、結局、全員が床にダイブ」

10. 「実は、結婚式の前に兄がくれた飴が「サムシングブルー(結婚式になにか青いものを取り入れると幸せになるという言い伝え)でした。ありがとう」

11. 「あ、やってしまったと思った瞬間の写真。この後、豪華な入り口の階段を滑り落ちました。妻の表情がすべてを物語っていますね」

12. 「ミサの間、居眠りしていた司祭。結婚の誓いでは妻の名前を間違えた」

13. 「はしゃぎすぎた夫の親友がグラスワインを私のドレスにこぼしたの。なんとかきれいに洗って、席に戻ると、今度は私の親友がやってきた。私が冗談を言うと、彼女はコーヒーを吹き出し、ドレスに…。これは化粧室で二度目の乾燥中の写真」

14. 「私たちの結婚を取り仕切ってくれた司祭は、式の間ずっと私たちの名前を間違えつづけたの。『リックとエリック』 とか男性同士の名前で呼ばれて、最後には私は笑いをこらえすぎて涙がでてしまったわ。結婚式は27年前だけど、いまだにあの誓いが正式と認められるのかわからない」

15. 「フロリダのビーチで挙げられた結婚式に出席。花嫁が祭壇に歩いて行くと、一群のカモメが一斉に招待客の頭上を飛び、花嫁の母親に魚の頭を落とした」

16. 「私の結婚式。同僚と叔母といとこが同じドレスで登場」

ハプニングのおかげで、新郎新婦、招待客ともに、忘れられない結婚式になったでしょうね。みなさん、どうぞお幸せに!

プレビュー画像:©︎Twitter/Jeff Grass, ©︎Twitter/Julie Davies

 
 
出典

boredpanda

プレビュー画像:©︎Twitter/Jeff Grass, ©︎Twitter/Julie Davies

コメント

おすすめの記事