ロシアの漁師は海で魚を引き上げた しかしその顔面を見た瞬間「シトー?!」と叫んだ

みなさんは深海にどんなイメージを抱いていますか?多くの人がまだ見ぬ世界。しかし、ピクサー映画の「ファインディング・ニモ」のような、可愛らしいワンダーワールドを想像している人も多いかもしれません。

しかし実は、そんなに生易しいものではないのです。ロシア最北端にあるムルマンスクの港から、トロール漁船に乗って漁業をしているある漁師のTwitterアカウントが話題になっています。

その漁師・Roman Fedortsov氏は、網にかかった謎の深海生物の写真を次々と公開。そのありようがエイリアンすぎると言うのです。

あのお方でさえギョギョギョッとドン引きさせてしまうようなグロテスクな生物の数々…ご覧ください!

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

いかがでしたか?「ファインディング・ニモ」というより、ジェームズ・キャメロンの「アビス」や伊藤潤二の短編漫画を思い出してしまいましたね。一説によると、深海は宇宙よりも謎が多いと言われている場所。こんな未知との遭遇、ちょっと遠慮しておきたいです。

プレビュー画像: / © Twitter / rfedortsov

出典

プレビュー画像: / © Twitter / rfedortsov

コメント

おすすめの記事