ちえとくをフォローする

人気の記事

海外人生相談:古代遺跡に子どもを登らせた母親は叱責された。でも納得できない

毎日飛んだり跳ねたりパワー全開で遊ぶ子どもたち。なかには毎日疲れ果てるまで外で遊びたがるパワフルな子もいます。そんな元気なお子さんを育てている親御さんにとって、有り余る子どものパワーをどう発散させるかは大きな悩みです。

3人の子どもを連れて家族旅行中のある母親は、子どもの一人が岩に登ったことで、モヤモヤする状況に陥ったそうです。問題はそれが単なる岩ではなかったこと…。

彼女はこの問題ををインターネットのプラットフォームredditに投稿し、読者に自分の対応が間違っていたのかと尋ねています。皆さんもぜひ読んで、ご意見をお聞かせください。

「こんにちは、私は34歳で、12歳と9歳の男の子、7歳の女の子の3人の子どもがいます。夫は35歳です。

2週間ほど前、私たちはヨーロッパの史跡を巡る家族旅行に出かけました。旅行の4日目はドルメン(新石器時代から初期金属器時代にかけて世界各地に作られた巨石墓)を訪ねる予定でしたが、夫がひどい頭痛に襲われ、子どもたちと私だけで遺跡を見学することになりました。

到着したとき子どもたちはすでに退屈しており、周辺を走り回って遊んでいました。幸い、周囲に人はあまりいませんでした。すると、9歳の息子がドルメンの巨石の一つに登りはじめました。

上まで登った息子はとても誇らしげで、私は写真を撮ろうとしました。しかし、その時、一人の若い女性(19歳くらい)が私に近づき、皮肉を込めて「この岩がお墓だということはご存知ですよね?あなたはお子さんが祖父母のお墓に登っても黙ってるんですか?」と聞いてきました。

私はムッとして「お節介はやめてください。5000年も前に死んだ人は子どもが岩に登っても気にしないはずです」と答えました。彼女はまるで私が目の前で子犬を殺したような顔をして立ち去りました。

ホテルに戻ってから、夫にこのことを話しました。すると夫は「本来は墓石であるもの」に登らせるのはちょっとまずいのでは、と言いました。私は夫が味方してくれないだけでなく、子どもたちの前で私が悪いかのような口ぶりで話すので頭にきてしまいました。私はトイレに行き、姉に電話し、全てを話しました。

姉は、その女の子の態度はよくないと言いましたが、私の対応も間違っていたと言いました。私は、年上の私にあんな風に話しかけるのは失礼だし、筋違いだと言って、電話を切りました。

もう2週間前のことですが、私はまだ納得していません。今となっては、自分が正しかったのかどうかわかりません。ドルメンを墓と見なす人の気持ちもわかる気がしています。

子どもが岩に登るのを許した私が悪かったのでしょうか?」

 

夫からも姉からも「その対応はまずかった」と言われたものの、まだ納得できないという女性。皆さんはこの件についてどう思いますか?

 

 

プレビュー画像: ©Facebook/Hillary Vamstad