素晴らしいカスタマーサービス!客室乗務員が搾乳に一役

母親にとって子連れの旅行は楽なものではありません。連れの乳幼児がまだ授乳中となると、なおさらです。 三つ子の母ジェナ・エヴァンスの事例は、授乳期間中の旅について幾つか教えてくれます。

機内であっても、母親は子供達の面倒をみるための策を見つけなくてはいけません。そしてときに、それは周囲の乗客をギョッと驚かせてしまうこともあります。例えば、母乳を搾乳しなければいけなかった場合です。

ジェナは自らの体験をFacebookに投稿しています。ある航空会社の客室乗務員達の反応は、この若い母親にとって予想外のものでした。

「授乳期間の三つ子の母にとって、搾乳時間を逃さないことは重要であり、旅行中であれば尚更です。昨日、アトランタからダラス・ラブフィールドに向かうフライト中、二人の客室乗務員ケイトリンとロレッタは搾乳が必要だった私のために、より広いスペースとプライバシーのある空間をと、空いているファーストクラス席を案内してくれました。搾乳中の私にスナックと充分過ぎるほどの水を提供してくれました。そして今日の午後の帰りのフライトで再び、ダラス・ラブフィールド空港の搭乗ゲート係員タレサが搾乳し易いようにと空いているファーストクラスを提供してくれました」

 この往復フライトで乗務員や係員の方々が、私の母としての役割に理解を示し、本来ならば困難な機内での搾乳をより簡単なものに変えてくれたこと、この航空会社の搾乳に対しての理解に、大変感謝するとともに感銘を受けました。搾乳中のひととき、赤ちゃんたちから離れて少しリフレッシュできたわ、ありがとう、デルタ#Delta

デルタの従業員は親切で柔軟な対応でジェナの支持をすっかり得たようですね。きっと従業員達も女性ならではの似たような経験もあってのことでしょう。

ジェナの投稿のコメント欄んいは、デルタを利用した経験を持つ母親たちから同じような体験談が多く寄せられています。の航空会社も手本にしてほしい、素晴らしいカスタマーサービスですね。

 

出典

gofeminin

コメント

おすすめの記事