人種差別主義者にAmazon社長が返したメッセージが話題 そのあまりの内容に2度も3度も読み返してしまう

ジェフ・ベゾスの名は知らずとも、Amazonを利用していない人はもはやいないのではないでしょうか。特にコロナ自粛中、欲しいものが家にいながらにして手に入るそのありがたみを改めて感じた人も多いはず。

p1

この人物ジェフ・ベゾスは米国・AmazonのCEOです。たった一代でAmazonを創設し世界的大企業に成長させた手腕は高く評価されている一方で、そのあまりのスピードの事業拡大に、金の亡者のような印象を受けられることもしばしば。

そんなベゾスですが、先日、アメリカ内で人種差別撤廃の運動が盛り上がる情勢の中、とある顧客から送られて来たEメールのスクリーンショット公開し、話題を呼んでいます。

デーブと名乗るそのEメールの送り主は、明らかな人種差別主義者。Amazonが、Black Lives Matter(黒人の命を守れ)と呼ばれる人種差別撤廃の運動を支援していると聞きつけ、「運動をこれ以上支持するのであれば、お前とのビジネスは終わりだ。もう2度とAmazonで買い物しない」などと脅して来たのです。それに対するベゾスの回答に世界中が注目しました。

実際にその投稿をご覧ください!

ベゾスはEメールに対し、こう反応したのです。

「人種差別撤廃の運動を支持すると発表してから、メールボックスには嫌がらせのようなメールがたくさん届くようになった。きっと大切なことは、このような憎しみが存在するということをうやむやにせずに、みんなに共有して、見えるようにすることだと思う。そうすれば解決策が見出せるはずだ。

そして、デーブ、君のような顧客なら、僕は喜んで失うよ

この毅然とした態度に、世界中から賞賛が集まりました。
「問題を共有してくれてありがとう」「世界にはまだまだ強い人種差別が残っているんだね」「もっとAmazonで買い物したくなった」など、様々な意見が寄せられています。

いかがでしたか?この他にもベゾスは、私財からなんと1兆円を超える金額を投じて、環境破壊に立ち向かうファンドを設立すると発表したばかり。世界でもっとも裕福な男の一人であるベゾスだけに、自分の成功を世の中に還元し、世界をもっとよくしたいと考えているのかもしれませんね。今後も彼の活躍に注目大です。

プレビュー画像: / © Pinterest/ salon.com

出典

プレビュー画像: / © Pinterest/ salon.com

コメント

おすすめの記事