母親は、息子の墓が突然緑に囲まれたのを不思議に思った。その秘密が明らかになったとき、うれし涙が頬を伝った。

テキサス州に住むレイチェル・ヴィラセナーとレイモンド・ヴィラセナーの夫婦は、アメリカ空軍に長年勤めた息子のジョセフを失いました。ジョセフが車の事故でこの世を去ったとき、彼はまだ36歳という若さでした。ある日夫婦が息子の墓参りに訪れたとき、彼らは驚きの光景を目にします。強烈な太陽の光により墓地の芝生が枯れてしまい、一面茶色になってしまっているなかで、唯一、ジョセフの墓の周りだけはなぜか芝生がみずみずしく生えていたのです。両親は自分たちが目にしている光景を理解することができませんでした。しかし、やがてその秘密が明らかになっていきます…

ジェイク・ライシッグは数年前に妻を亡くし、以来彼女の墓を毎日訪れていました。今年で86歳になる彼は毎日バラの花束を彼女の墓に供え、その日彼の身に起こった出来事を話し、2日に1度の頻度で彼女の墓の周りに水を撒いていました。ところがある日、近くの墓の前で毎日若い女性が膝をつき、悲しい涙を流していることに気が付いたのです。女性はジョセフの妹でした。ジェイクは彼女のもとに近寄り、兄を失った彼女を慰めながら話を聞いてあげたそうです。そして彼女が墓地を去った後、ジェイクはあることを決心します。ジェイクは、若くしてこの世を去ることになったジョセフの空軍での業績と人生を称え、彼の墓にも水を撒くことにしたのです。

こうして、墓地の中でも2つの墓の周りだけ、芝生が青々としたきらめきを放つようになったのです。ジョセフの両親がこのことを知ったとき、彼らは思わずジェイクを抱きしめたそうです。「見ず知らずの人が自分たちの息子のことをこれほどまでに考えてくれていたなんて、ただ信じられない気持ちでした」目に涙を浮かべながらレイチェルは話します。美しい心を持った男性による心温まるエピソードですね!

コメント

おすすめの記事