【飼い主さんが代弁!】「犬の気持ち」おもしろつぶやき14

「犬の気持ち」あなたには分かりますか? 人間のように言葉を話すことはできなくても、表情や仕草から愛犬の感情を理解することができる飼い主さんは多いのではないでしょうか。

Facebookアカウント「Thoughts of Dog(犬の気持ち)」に投稿されたあるゴールデンレトリバー犬の気持ちを紹介します。犬と一緒に暮らしている人ならきっと共感できる犬あるあるエピソード、つぶやき形式の投稿をご覧ください。

1. 「同居人がいない留守中に僕がすることリスト: 1. ひたすら帰りを待つ」

2. 「毎晩、同居人に『まだご飯もらってませんけど』とアピールしてみる。たまにご飯をあげたことを忘れて、僕の主張を信じ始める」

3. 「めちゃくちゃ苦労しておもちゃの音の鳴るパーツを取り出して達成感を味わってると、あっさりそれを捨てられる」

4. 「お出かけ先の公園で泥まみれになろうとしたつもりはないよ。結果的にはそうなったけどね…わざとじゃないの、そこが肝心なの」

5. 「1日もそろそろ終わるけど、満足できるレベルには程遠いんですけど。もっと構って!」

6. 「ブラッシングで首輪を外すたびに、同居人は僕が裸だと冗談を言って笑うけど、僕は自分の体に自信満々なんですけど」

7. 「散歩中に急かさないで。十分にクンクン臭いをかがないと、ご近所犬ネットワークの情報に乗り遅れるから」

8. 「退屈なときは、ときどき宙をじっと見て同居人を『霊がいる?!』と怖がらせようとする」

9. 「同居人は今週からまた仕事だ。でも良しとしよう、僕にはすることがあるからね。冷蔵庫の下に落ちてるスナックの観察が目下のミッションだ」

10. 「宣言しよう、トリックオアトリートの時代は終わった。今日からはお座りやお手なしでひたすらトリート(おやつ)だけがいい」

11. 「個人的見解としては…花火はどうかと思うね。どんな理由があろうとも」

12. 「映画鑑賞中に僕に眠ってほしくないなら、どうしてそんなに快適にするの?」

13. 「2020年のポジティブな変化、それは同居人が他の犬の匂いをさせながら帰宅することが滅多になくなったこと」

14. 「理解に苦しむこと、それは僕が木の枝を家の中に持ち込むはダメなのに、同居人は小さな木を丸ごと家の中で大事に育ててること。僕の木の枝が何からできてるのか、分かってないようだ」

飼い主さんが代弁投稿した愛犬の気持ち14。犬を飼っている人には共感できる投稿もあったのではないでしょうか?

ワンコ尽くし記事はこちらから是非どうぞ ↓

 

プレビュー画像: ©Facebook/Thoughts of Dog

出典

Bored Panda, プレビュー画像: ©Facebook/Thoughts of Dog

コメント

おすすめの記事