ちえとくをフォローする

ジーンとくる話

命の危険にさらされた赤ちゃんの存在を必死で伝えようとする犬

2020年12月24日、フィリピンのセブ島をバイクで走行していたジャンレル・フエンテス・リヴィラは、興奮した様子で吠えながら追いかけてくる1匹の犬に気がつきました。

ジャンレルは犬を無視して走り去ろうとしましたが、犬は諦めることなく彼を追いかけ、懸命に何かを訴えようとしているような素振りをしきりに見せるのでした。不思議に思ったジャンレルがバイクを路肩に停車させると、犬はまるで「着いて来て」と言うかのように彼を誘導しようとします。

犬に導かれるがまま、ジャンレルがたどり着いた先はゴミの不法投棄場所でした。「こっちこっち!」と興奮気味に犬が示す空き缶とゴミの間を見たジャンレルは思わず目を疑いました…なんとそこには生後間もない赤ちゃんが茶色のタオルに包まれて放置されてたのです。

不法投棄のゴミ捨て場は人里離れた小高い丘の上にあり、普段はひと気もありません。発見が遅れれば命を落としていたでしょう。

ジャンレルは赤ちゃんを抱き上げると、最寄りの警察署へと連れて行きました。すぐに児童福祉所の職員によって赤ちゃんは保護され、診断の結果、健康状態は良好だということが判明しました。

地元メディアが犬の活躍によって救われた赤ちゃんのニュースを報道すると、地元動物愛護団体はヒーローとなった野良犬の捜索に乗り出しました。

しかし意外なことに、野良犬だと思われていたこの犬は「ブラッキー」という名の雄の飼い犬だということが判明します。ブラッキーは9匹の犬仲間と一緒にリンドン・オリンゲイの家族から可愛がられて暮らしているということも明らかになりました。ブラッキーのお手柄を称え、餌や犬用スナック・おもちゃの寄付が多くの人々から寄せられました。

ブラッキーの活躍に家族も大喜びし、一躍ヒーロー犬となった愛犬を誇りに思っているそうです。これまで何度も脱走しては家族をヤキモキさせてきたブラッキーですが、今回のお手柄に免じてきっとこれからも許してもらえることでしょう。

本能的に赤ちゃんが危機的状況にあることを察知し、偶然通りがかったバイカーに懸命に知らせようとしたブラッキー。ブラッキーがいなければきっと物語は最悪の結末を迎えていたかもしれません。赤ちゃんが無事に保護されて本当によかったですね、偉いぞブラッキー!

他にもヒーローになった犬の記事はこちらでもお楽しみいただけます。

プレビュー画像: ©Facebook/Hope for Strays, ©Facebook/ONE News