ダイバーに助けを求めてきたのは、怪我をしたイルカだった。その後、驚くべき展開に…。

夜間のダイブでのこと。熟練ダイバーケラー・ラロスの目の前に突然イルカが現れました。見るからに苦しそうな様子のイルカをケラーが手招きすると、イルカはその意味を理解したかのように彼に近づいてきました。

釣り針やロープ、プラスチック廃棄物などは海洋生物に致命的な影響を与えます。このイルカの体には釣り針が食い込み、左のひれに釣り糸がからまっていました。ケラーはハサミを使ってそれをそっと解いてやりました。

人間と動物が理解し合えた何とも美しい瞬間を捉えた、素晴らしい動画です。

コメント

おすすめの記事