ホームレスだと思って食べ残しのピザをあげた男性が、実は超有名人だった

ニューヨークでパイを食べるのが夢だったというカリーンは、フランス人の女性です。長年の念願かなって2014年4月、カリーンはニューヨークを旅行で訪れていました。 そこでホームレスの男性に食べ残しのピザをあげたことが理由で、カリーンは信じられないことを経験します。

15歳の息子をつれてニューヨークを観光していたカリーン。その日はピザをテイクアウトして、公園のベンチに座ってのんびりランチを楽しみました。午後、再び街を散策していたとき、カリーンの目にある男性の姿が飛び込んできます。それは痛ましい光景でした。

Twitter/ Yahoo Movies UK

ホームレスの男性がゴミ箱をあさっていたのです。気の毒になったカリーンは、彼に近づいて昼食の食べ残しのビザを差し出しました。そしてピザが冷めてしまっていることを謝りました。

Twitter/New York Post

「ピザの入った袋を渡した時、『その袋の中身は何?』って聞かれて、英語で答えを返そうとしたのだけどフランス語が出てきちゃって、『ごめんなさい、ピザはすでに冷めてしまってます』って言った。そしたら『ありがとう、神のご加護を』て返事してくれたわ」

Twitter/Johnny 5

その時、カリーンはそのホームレス男性の正体に気がつきませんでした。2日後の朝、ホテルのスタッフがルームサービスと一緒に新聞を持ってきて、そこに掲載されていた写真を2人に見せてくれました。それを見てビックリ!

Twitter/Deejay chiama Italia

そこには一昨日の自分とホームレスの男性が写っていたのです。しかし、ホームレスだなんてとんでもない。なんとその人は1億ドル以上のギャラを稼ぎ出す超有名俳優、リチャード・ギアだったのです。

Twitter/Patricio Cornejo

Twitter/طارق المبارك

カリーンはあの日気がつかないうちに、リチャード・ギア出演の新作映画『Time out of Mind』の撮影現場に入り込んでしまっていたことを知ります。あの日のカリーンの行動には、映画のスタッフもリチャード・ギア本人も心を動かされたそうです。

ホームレスの男性だと思った人が実は大スターだったなんて、驚きですね。当時はこれで映画の宣伝も完璧だったのではないでしょうか。

コメント

おすすめの記事