恐怖におびえていた犬が救助されて落ち着いていく

あるとき、野良犬がいるという通報が動物救助団体「ホープ・フォー・ポーズ」に入ります。 ボランティアのメンバーが現地に駆け付けると、そこでは小さな野良犬が建物の扉のそばでうずくまるようにして震えていました。ひどい怯えようで、過去にひどい経験を経てきたことは明らかでした。

犬は自分の近くに誰も近づけようとはしません。近寄ろうとすると唸り声を上げて吠えたて、威嚇しようとします。

Youtube/Hopeforpaws

救助メンバーは根気強く犬をなだめながら近寄り、ついに彼はホリーを抱きかかえることができるまでになります。落ち着かせるまでに、約30分かかったそうです。ようやく安全と安心が訪れた瞬間でした。犬はシェルターに移送され、そこでお風呂に入り、食事を与えられます。その後、「ホリー」という名まえも貰い、今は新たな飼い主が現れるのを待っているそうです。

救助メンバーが決意をもってホリーを確保する様子は、こちらの動画で紹介されています。

今は人にも他の犬にも鳴れ、尻尾をよく振るようになったそうです。そんなホリーなら、きっと新しい家族がすぐ見つかるはずです!ホリーの幸せを願っています。

コメント

おすすめの記事