顔を焼かれた元ミス・イタリア候補の物語

※記事にはショッキングな画像が含まれます。十分注意してお読みください。

 

ジェシカ・ノタロの人生は輝かしいものでした。

艶やかなブルネットの髪、クッキリとした目元…典型的なイタリアの美貌を両親から受け継いだジェシカは、幼ない頃から美人だと近所の評判でした。

2007年、17歳の時には、当然のようにミス・イタリアの最終候補に選ばれました。惜しくも栄光を掴むことはできませんでしたが、美貌はさらなる評判を呼び、コンテストの後も、元からやっていた水族館でのアシカのトレーナーの仕事の他に、テレビ司会者やモデルの仕事をこなしていました。

Twitter/ Peter’s wife | JUSTICE

しかし、彼女の人生はある日を境に永遠に変わってしまいます。

2017年1月10日の出来事でした。自宅を出たジェシカはそこで、何者かに顔に液体を浴びせかけられたのです。

焼けつくような顔の痛みから、ジェシカはすぐにその液体が何かを察しました…これはだ!

ジェシカは焼けつくような痛みに耐えながらも、その場で神様にこう祈ったと言います。

「あぁ神様!例え私の美しさを奪っても、お願いだから目の光だけは奪わないで…」

 

液体をかけた男の名前は、カーボベルデ共和国出身のジョルジュ・エドソン=タバレス、当時29歳でした。

ジェシカが働く水族館のドルフィンショーを介して知り合った2人は、かつて交際していました。しかし事件が起こる半年ほど前に2人は破局しており、その後、未練からかジョルジュはジェシカのストーキング行為をするように。

困惑したジェシカは警察にそのことを訴え出ており、ジョルジュにはジェシカへの接近禁止令が出されます。そのことを根に持ったジョルジュは、怒り狂ってこのような残虐な行為に出たのです。

病院に運ばれたジェシカは絶望します。なんとか一命は取りとめたものの、鏡の前に、以前のような美貌はありませんでした。

焼けただれた皮膚…美貌が奪われてしまっただけではなく、感染症を防ぐためにマスクを常時装着しなければならず、火傷の傷は痛み続けました。

入院している間は、まるで刑務所で過ごしているような気持ちでした。

Twitter/ Peter’s wife | JUSTICE

しかし、ジェシカは勇敢でした。

事件が発生したわずか3ヶ月後には、テレビに出演し、自らの顔を包み隠さずに視聴者に見せたのです!

ジェシカと似たような体験、すなわち、顔に酸をかけられるという痛ましい体験をする人々は、実は決して少なくはありません。世界中で、実に毎年1500人もの人が、ジェシカのような恐ろしい体験をしているのです。

その被害者の多くは女性や少女であり、心にも身体にも、傷跡が永遠に残ります。

しかしこれだけ残虐な暴力行為であるにもかかわらず、今まで真剣に議論されたことはあまりなかったかもしれません。なぜなら、被害を受けた女性の多くが、報復を恐れるあまり、口を閉ざしてしまうことが多いからです。

しかしジェシカは、立ち上がりました。決して、加害者の思い通りになどなってはならない。自分の顔を世界中に見せるのには勇気が必要でしたが、世界中に、酸を使った攻撃がどのような結果をもたらすのかを、知ってもらいたかったのです。

ジェシカは、起きたことを冷静に受け止めました。そして、悲劇的な事件の後でもなお、それに負けずに、表舞台に立ち続けたいという決定的な宣言をしたのです。

治療には、膨大なお金と精神的な強さが求められました。けれどもジェシカは、決してあきらめることはなかったのです。

Twitter/ Peter’s wife | JUSTICE

そして事件発生から3年が経過した2020年、奇跡が起こります。

世界で最も権威ある映画祭のひとつ、ヴェネツィア映画祭で、ある一人の美女が美しいドレスを身に纏って颯爽とレッドカーペットを歩いていたのです。

その女性の名はもちろん…ジェシカ・ノタロ。

傷はまだ完全に癒えたわけではありません。

しかし、颯爽と歩くその女性からは、困難を乗り越えて不死鳥のように蘇った、その精神の強さから放たれる強いエネルギーがみなぎっているように見えます。

ジェシカはまだたとえ傷跡の残る顔であっても、それを惜しげなくさらけ出します。それが、自分と同じような過去に傷つく人たちの、希望の光になってほしいと願っているからです。

起こった悲劇を消すことはできません。しかしジェシカは、自分が立ち上がることで、人々に希望を与えることができると確信しているのです。

今日もジェシカは、世界にその強さと美しさを振りまき続けているのです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Une publication partagée par GESSICA NOTARO (@gessicanotaroreal)

いかがでしたか?

あまりにも残酷な悲劇を乗り越えたジェシカの精神の強さに、心を揺り動かされずにはいられません。

プレビュー画像:  / © Twitter/ Peter’s wife | JUSTICE

出典

プレビュー画像:  / © Twitter/ Peter’s wife | JUSTICE

コメント

おすすめの記事