一生懸命働いてくれているサービス犬に家族が超特別な1日をプレゼント

ベラ・バートンは、アメリカのマサチューセッツ州ウーバンに住む11歳の少女です。8年前、彼女の成長が2歳で止まってしまったとき、両親はどうしていいかがわかりませんでした。 当時の医師も、ベラの体に何が起こっているのかをはっきりと解明することができませんでした。

Youtube/BarkBox

その後、ベラは「モルキオ症候群」と呼ばれる希少な遺伝病であることが判明しました。ベラの成長は、ある特定の酵素が欠如により止まってしまったのです。難病とされるこの病気は、低身長だけでなく、体内の主要な器官系に障害を引き起こします。ベラは、心臓の疾患、背骨の弱体化、両足の麻痺などの障害を持っています。

そのためベラはこれまでに9回もの手術を受けましたが、移動には杖、または車いすが必要です。外に出て動き回ることが大好きなこの少女にとっては辛いことでした。

Youtube/BarkBox

しかし、ベラの家族があるとき、グレートデーン種の犬を医療サポート犬として訓練している団体を見つけ、すべては変わりました。

一家はその訓練施設を訪れ、ジョージという大きな犬に出会いました。お互いに一目惚れでした。ジョージはベラのそばから離れようとしなかったそうです。

Youtube/BarkBox

ジョージと出会ってから、ベラはずっと元気で明るくなりました。そしてジョージのサポートで歩くからと、杖の使用をやめました。

Youtube/BarkBox

バートン一家は、ベラの元をずっと離れずに、しっかり働いてくれてるジョージに何か特別なことをしてあげたいと考えていました。

Youtube/BarkBox

そこで、一日中ジョージを鼻の先から尻尾の先まで甘やかしてあげる“ジョージの日”をプレゼントすることにしたのです。その特別な日は、忠犬のためのご褒美デーをプロデュースしている専門集団によって実施されました。ベラと母親とジョージはボストンに旅行に行き、豪華なホテルに泊まります。日中はジョージと市街を探索し、最高な一日を一緒に過ごすのです。

Youtube/BarkBox

ジョージは犬用ハンバーガーにご満悦。

Youtube/BarkBox

3人のためだけに開放されたスキーエリアで、ジョージは雪遊びを楽しみました。

Youtube/BarkBox

犬用のお菓子屋さんではあれこれ試食もできました。

Youtube/BarkBox

そして豪華なホテルの一室に戻ってくると、おもちゃがたくさん待ち構えていました。

Youtube/BarkBox

もちろん長い冒険の一日の後、脚をゆっくり休め、大きな体をらくらく横たえられるベッドも用意されていました。

Facebook/BarkBox

ベラとジョージはとても楽しいひと時を共にすることができ、一生忘れられない素敵な思い出ができました。

Youtube/BarkBox

このビデオで“ジョージの日”の様子がご覧いただけます(英語のみ):

“ジョージの日”は一家の希望にかなった一日になりました。ベラとジョージは、動物の存在がいかに私たちの生活を豊かなものにしてくれるかを伝えています。彼らの日々の冒険の様子は、ベラとジョージのFacebookページからご覧いただけます!

コメント

おすすめの記事