訓練された自衛官に起床ラッパを聴かせるとこうなる!

生活隊舎で共同生活をしている単身の自衛隊員たちは毎朝、朝6時には起床ラッパがなるとともに猛烈な勢いで点呼準備をしなければなりません。けたたましい起床ラッパの音は、耳にも体に染みついているんだとか。そこである自衛隊員たちは、この音声をぐっすり寝ている仲間に聴かせるというドッキリをしかけてみたそう。驚きの結果はこちら!

クスクス笑う周りの同僚達にもまったく気づかずに、一瞬にして着替えを完了してしまいました。完全に条件反射ですね!この音を聞いたら何をしていてもすぐに着替えて動ける体制に入れるなんて、さすがに訓練された自衛隊員です。目覚ましが鳴っても起きず、スヌーズが何回なっても起きられない自分が少し恥ずかしくなります。

厳しい訓練と規律正しい生活の息抜きに、自衛隊員はこういうことをしているんですね。

コメント

おすすめの記事