ジョーク:フェラーリのドライバーが豚を欲しがる

1台のフェラーリが砂埃をあげながら農場の横に停まります。ドライバーは、それから30分後に起こることを予想していませんでした。

ある農夫が自分の畑の豚を眺めています。

するとそこに一台のフェラーリがとまり、若い男性が降りてきてブランド物のスーツから埃を払い、ハンカチでアルマーニのサングラスを拭きながら、こう言いました。

「豚を何頭飼っていますか?もし数を当てることができたら、一頭譲ってもらえませんか?」

black suit and watch businessman credit to https://1dayreview.com

農夫が同意すると、男性は車に戻ってノートパソコンを引っ張り出しました。GPS情報や衛星画像、データバンクなど、あらゆる情報源を駆使して、表を計算式で埋めていきます。

30分後、プリンターで数十ページに及ぶ報告書を印刷すると、農夫に言いました。

「ズバリ、豚は 948頭ですね」

「そうだよ。どうぞ、豚を選んで」

Even Pigs Get Thirsty

農夫にそう言われた男性は、満面の笑みで動物を捕まえてフェラーリに乗せようとします。

すると農夫が言いました。

「もし私があなたの職業を当てることができたら、その動物を返してくれますか?」

「えぇ、どうぞ」

「あなたはコンサルタントでしょう」

「その通りです。どうしてわかったのですか?」

 

「簡単ですよ。まず、あなたは誰も呼んでいないのにやってきた。それから私がすでに知っている情報を長いことかけて探してきて、それに対する支払いを要求した。それに、あなたは私の仕事について何もわかっちゃいない。さあ、私の犬をさっさと返してくれませんか」

コメント

おすすめの記事