ロマンチック?エベレストのベースキャンプで結婚式を挙げたカップル

結婚式を挙げるにあたり、どのカップルも特別で忘れがたい式にしたいと希望することでしょう。 たいていの場合、新婦新郎のこだわりの食事や演出のもと、友人や親族が一同に会し、二人の門出を祝福します。その一方、徹底的に場所にこだわり抜くカップルもいます。

カリフォルニア在住のジェームス・シッソンとアシュレイ・シュミーダーはどんな式にしたいのかを明確に把握していました。二人の結婚式の舞台は世界最高峰、エベレストと決まっていたのです。

熱心な登山愛好家の二人は丸一年かけてヒマラヤでの結婚式旅程の計画を練りました。現地に到着し登山を開始した一行は極寒の中、荒い登山道に苦闘し、標高が上がるにつれ酸素不足による高山病に苦しみましたが、ついに標高5200メートルの高さに位置するベースキャンプに到達しました。

世界最高峰の絶景を背景に、二人は結婚の誓いを立てました。ジェームスはスーツ、アシュレイは美しいウエディングドレスに身を包みました。(防寒のため、アシュレイはファーショールをまとっています)

よく見ると新婚夫婦の足元が何やらユニークであることがわかりますね。凍てついた大地で足が凍えたり転倒することのないよう、ハイキングブーツを履いているのです!

二人の挙式の様子を撮影したのは、アドベンチャー系のウェディングを専門とする写真家、チャールトン・チャーチルです。以前にも別のカップルからエベレスト登頂して結婚式を挙げる計画を立てたことがあったそうですが、実際に成功したのはジェームズとアシュレイが初めてでした。

極限的な大自然の中で二人は晴れて夫婦となりました。前代未聞の、恐らく世界一過酷な結婚式プランではないでしょうか。

出典

Daily Mail

コメント

おすすめの記事