再発対策が爆笑もの。反省の色が微塵も見られないコミカルな反省文

Twitter ユーザーのもにさん(@moninimo45124)さんが先日投稿した反省文が「面白い」「秀逸すぎる」と話題になっています。もにさんが書いたわけではなく見つけてきたというその作文は、学校の壁に穴を開けてしまった男子学生によって書かれたものです。その丁寧な字とは反面、反省の色が微塵も見られないコミカルな内容が大ウケ。投稿はすでに2万4000リツイートを記録、拡散は止まりません。

気になる内容はこちら(彼が提案する再発対策に注目!):

「この度は僕のメガトンパンチにより構内の壁に穴を開けてしまい、誠に申し訳ございませんでした。言い訳という形になってしまうかも知れませんが、僕の言い分としましては、着替えていたらたまたま手が当たって穴が開いてしまったのが理由です。学校側が金をケチって更衣室を狭くしたのが悪いとか、金をケチって壁を薄くしたのが悪いとか、そのような文句を言うつもりはございませんが着替えに十分なスペースが無いのも事実です。そこで、考えたのですが、今回の件をもって着替えるのをやめるという決断に至りました。着替えるのが面倒だからとかそういうわけではございません(マジで。)それが認められないようでしたら、もう一つ案があります。

 調査の結果、今僕のクラスは男子18人、女子16人という結果でした。僕が女子更衣室で着替えれば17=17になり、なんか丁度良い感じになると思うのですが、いかがでしょうか。女子の着替えが見たいとか、そういうわけではございません(マジで。)もしそれが認められれば、理由は言えませんがビデオカメラの持ち込みも許可していただけないでしょうか。あと、全然関係ありませんが教室の暖房の温度をもうすこし上げてもらえませんか。シンプルに寒いです。設定温度を見て驚きました。北海道の冬をナメてませんか?設定した人はサウジアラビア人ですか?今度ろう下で会った時往復ビンタをしようと思います(7往復)。

 反省文で色々文句を言ってしまい、すいませんでした。3枚書けと言われましたが1枚だけなぜかペットにオシッコをかけられたので捨てました。その件に関しては僕じゃなく僕の犬に、怒るなり反省文を書かせるなりして下さい。本犬も反省はしてると思います。本当に申し訳ございませんでした。」

反省文のはずなのに、女子更衣室の使用、さらにビデオカメラ持ち込み許可を申請した男子学生。犯罪的な再発対策を提案を本当に先生に提出することができたのか?と、疑問に思っていたところ、もにさんの投稿にその答えを持つ作者本人からのコメントが付いていました。

反省文はリボルバーズ 丸谷さん(@kumintyo7gmailc)が中学か高校の時に書いたもので(本人によれば「全然覚えていない」とのこと)、それを提出した結果、先生の逆鱗に触れてさらに5枚渡されてやり直さなければならなかったのだとか。

とても参考にはできない反省文ですが、ユーモアのセンスと度胸は評価に値します。私が教師なら、思わず笑って許してあげたくなりそうです。こういった笑いのセンスは、相手を状況を確認してから発揮したほうが安全かもしれませんね。

コメント

おすすめの記事