17歳の少年の死因はキスマークが引き起こした脳卒中

メキシコシティーで暮らしていた17歳のフリオ・マシアス・ゴンサレスは、ある日家族で夕食をとっている際に突然倒れました。 彼はその少し前まで24歳のガールフレンドと一緒にいたそうです。

家族はすぐに救急車を呼びましたが、駆け付けた救急隊員にも彼の命を救うことはできませんでした。救急隊員が調べた結果、フリオは脳卒中を起こして死に至ったということでしたが、そもそも健康な少年がなぜこのような死に方を迎えることになったのかについてはまったくわからなかったといいます。しかし、そのとき救急隊員の一人が、フリオの首に血種ができているのに気が付きました。それは、ちょうど頸動脈の上にできていたキスマークでした。

 

 

彼らの推測はこうです。キスマークができた際に彼の首筋が吸われる形になった結果、頸動脈内に血栓が形成され、それがフリオの脳に達しました。それが数時間後脳卒中を引き起こし、やがて死に至ったというのです。

Flickr/ConstructionDealMkting

キスマークがこのような恐ろしい結果を招いた例は、実はこれが初めてではありません。2010年には、ニュージーランドに住む44歳の女性が同様の脳卒中を起こして半身不随になるという出来事がありました。ニュージーランドで発行されている医療雑誌では当時、この発症を引き起こしたのが首筋のキスマークだったという医師の結論を掲載しています。

Pinterest

なお、フリオのガールフレンドだった女性は現在行方不明になっているということです。恐らくフリオの両親から逃れようと考えているのでしょう。

ちなみに、キスマークによってこのような生死にかかわる深刻な障害が発生する確率は、一般的には極めて低いそうです。

コメント

おすすめの記事