クリフジャンパーが20メートルの高さからの判断を誤る

覆面を付けた男性がクリフジャンピングのスポットとして人気のあるカリフォルニアの「エル・モッロ(「鼻」の意味)」と呼ばれる崖の先端で自身を撮影しています。高さ約20メートルから眼下に広がる太平洋に飛び降りる予定でしたが、崖から飛び立った直後にとんでもない見込み違いをしていたことに気づいてしまいます。

YouTubeで8Boothの名前でビデオを投稿しているこの過激なスポーツ愛好家でも、目の前に岩が猛スピードで近づいてくるときの恐怖は抑えきれなかったと言います。岩への激突をたった数センチで逃れたのはギリギリの奇跡でした。YouTubeで報告している通り、彼は幸いにも着水時に背中にかすり傷を負った程度で済みました。あと少しで大惨事というこの彼のビデオ映像は、根っからのアドレナリン中毒という人たちへの教訓になるはずです。同じ状況でも誰もがこの男性のようにギリギリセーフというわけではないのですから。

出典

20minutes

コメント

おすすめの記事