ペニスに箸を突き刺した男性が緊急外来に運ばれる

世の中には、たとえどんなに苦しくても医者に行くことに恐怖を感じてしまい、どのような状況に陥っても絶対に医者に行かないと心に決めている人がいるようです。 中国の浙江省に住む陳という男性もその一人でした。彼はあるとき尿に血が混じっていることに気が付いたそうですが、医者に診てもらうことを嫌がったあげく、彼は何と自分自身で診察を行うことを決めます。これが後にまるでホラー映画のような出来事を引き起こすことになってしまいました。

Wikimedia/DanielLobo

どこから血が出ているのかを調べようと考えた彼は、医療現場では絶対に使われないある器具を使って尿道を検査し始めます。その器具とは…なんと、お箸です!最終的に彼は、箸をペニスの奥まで尿道に突き刺し、そこから抜けなくなってしまったそうです。この時点で彼はようやくあきらめ、救急外来を訪れて適切な医療処置を受けることにしたといいます。

Wikimedia/Arz

レントゲン写真を撮った医師は、箸が陳の腹腔にまで深く刺さっていることを確認します。この箸を除去するため本格的な手術が行われ、彼は完全に回復するまでかなりの時間が必要だったそうです。

一見するとなんともマヌケなエピソードですが、どうやら彼の陥ってしまった状況は相当に深刻だったようです。皆さんも、もし身体に問題が起こったら、決して自分で何とかしようと考えないように。必ずプロに診てもらう、ということをしっかり肝に銘じておきましょう。

コメント

おすすめの記事