子どもたちの成長を見守ってきた茶トラ猫ベイリー

ペットを飼っている人すべてが恐れている日、それは愛する友あるいは家族であるペットとの別れのときです。 インスタグラムで20万人以上のファンを抱える猫のベイリーが他界したとき、家族はもちろん、ベイリーの動画を楽しんできた世界中のファンが悲しみに暮れました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bailey No Ordinary Cat(@bailey_no_ordinary_cat)がシェアした投稿 -

飼い主のエリンは、大学生の時に茶トラの子猫ベイリーに出会いました。エリンの腕に乗り、どうしても離れようとしないベイリー。当時ペットを飼えない寮に住んでいたエリンは関係者を説得、なんとかベイリーを飼うことに。

それから時が過ぎ、結婚したエリンのもとに長女アビーが生まれると、ベイリーはアビーの元を片時も離れようとせず、見守り続けていたと言います。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Bailey No Ordinary Cat (@bailey_no_ordinary_cat) am

小さなアビーにとってはベイリーは最高の友達でした。ベイリーをお風呂に入れたり、服を着せたり、ベビーカーに乗せたり…。お医者さんごっこをしたときだって、ベイリーは忍耐強くアビーの相手をしてあげたそうです。

次女のハンナが誕生して、ママが忙しくなっても、アビーのそばにはいつも愛情深いベイリーがいました。アビーが文字を読めるようになると、本を読む彼女の胸にすりよって何時間でも物語を聞くベイリーの姿が。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Bailey No Ordinary Cat (@bailey_no_ordinary_cat) am

インスタグラムでは、アビーの読み聞かせを聞いたり、小さな姉妹の世話をするベイリーの動画が話題に。テレビ局にも取り上げられ、ベイリーはネットの人気者になったのです。

しかし、それからしばらくして、家族を愛情深く包んできたベイリーは腎不全のため他界しました。14歳でした。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Bailey No Ordinary Cat (@bailey_no_ordinary_cat) am

                                                                                                             

こちらは、ベイリーが亡くなる少し前の動画。4歳のアビーが弱ったベイリーを抱っこして「ユー アー マイ サンシャイン」を歌っている動画は涙なしには見ることはできません。

学生時代に子猫のベイリーを養子にしたエリンはベイリーを見送って「涙が止まらなかった」と回想します。さらに、エリンが驚いたのは、ベイリーを亡くし、悲しんでいる小さな姉妹に世界中から手紙やベイリーに似たぬいぐるみがたくさん贈られてきたこと。エリンは、世界中の見知らぬファンのあたたかさに感銘を受けたと言います。彼女はベイリーの思い出を残すために、今でも折に触れてベイリーの古い写真や動画をインスタグラムに投稿しつづけています。

小さな優しい猫ベイリーは、虹の橋を渡っても、なお人々の心に優しさを広げつづけているのですね。そしてきっと空の上からアビーとハンナの成長を変わらない深い愛で見守っていることでしょう。

プレビュー画像: ©YouTube/They Are My Sunshine

出典

Brigitte,

People,

プレビュー画像:©YouTube/They Are My Sunshine

 

 

コメント

おすすめの記事