小さな女の子のために近所の人々がもう一度ハロウィン開催する

ハロウィン、それは大人も子供もお化けなどの格好をして盛り上がる日です。お祝いではありませんが、少なくとも一年の中で最も楽しいイベントの一つであることは間違いないでしょう。 世界中の子供たちが近所を練り歩き、「トリック・オア・トリート!」と叫びながらお菓子を両手に抱えて家に帰ります。

他の大勢の子供たちと同じように、今年4歳になるケイリン・リチャードもまた、恐ろしげな衣装に身を包み、友達たちとお菓子をもらい歩くこの日を楽しみにしていました。しかし、ハロウィン当日、恐ろしい出来事に遭遇してしまったのです。

ハロウィン当日、衣装を仕立ててもらい家に帰る途中で、ケイリンは近所の犬に突然襲われてしまいます。痛々しい傷を顔に負いながら急いで家に駆けこんだ彼女は、もはやハロウィンどころではなくなってしまいました。しかし、夕方から眠り込んでしまったケイリンが翌日になって目を覚まし、すべてがもう終わってしまったのだということを悟ったとき、彼女はこれ以上ないほどの落ち込みようを見せたそうです。

もう衣装を着ることができない!もう近所の家を回ってドアをノックすることも、お菓子をもらうこともできない!彼女の大きな悲しみは、やがて近所の人々を動かすことになります。彼らは何と、ケイリンのためだけにハロウィンをもう一度開催することにしたのです。

ケイリンの両親は、ハロウィンのために新調した可愛らしい悪魔の衣装をケイリンに着せてあげ、お菓子集めに送り出しました。ケイリンは近所の友人たちと一緒に、一日遅れの特別なハロウィンを楽しみました。

YouTube/channel

彼女の両親は、犬の飼い主に対して訴えを起こすことはしませんでした。犬は完全に隔離措置がとられたそうですし、何よりもケイリンが再び笑顔を取り戻すことができたからです!近所の人々の温かい行為には拍手を送るべきでしょう。この小さな女の子をこれ以上ないほどの幸せな気持ちにしてあげることができたのですから!

出典

Distractify

コメント

おすすめの記事