ドレスの中からネズミの死骸が!彼女がZaraを訴えた理由

ニューヨーク在住のベテラン投資家カイリー・フィーセルは、ファストファッションのチェーンのZaraのセールでドレスを二着購入しました。 翌日、その一枚を身につけたカイリーは、奇妙な臭いが彼女のいく先々で鼻につくことに気がつきました。そして何故か脚もとがくすぐったい。タグかほころんだ糸に違いないと思っていたカイリーでしたが、ドレスの縫い目をたどると奇妙な膨らみにを見つけます。その膨らみを押してみると、ぽろりと何かが落ちてきました。自分の脚を自分を引っ掻いていたものの正体を知ったとき、彼女は危うく卒倒するところでした。

なんと死んだネズミの脚だったのです!

ネズミの死骸は、ドレスの縫い目に縫い込まれていました。カイリーは一目散にトイレに走り、大慌てでドレスを脱ぎました。しかし、急いで服を脱いだにもかかわらず、後に彼女を診察した医師が説明するには、カイリーはネズミによって媒介される発疹を発症したそうです。精神的・健康的なダメージを受けたカイリーは、Zaraを告訴しました。

世の中、ありえないことが起こるんですね!どんだ異物混入事件です。想像するだけでも...ヒー!

出典

Daily Mail

コメント

おすすめの記事