ブスと呼ばれ振られた元カレに宛てた少女の手紙に共感の嵐

アメリカ・アラバマ州オックスフォードに暮らすブリタニー・シェーンは以前、悩みを抱えていました。 それは彼氏がちっとも自分のことを褒めてくれないということ。化粧や服を変えても、オシャレを工夫しても、彼氏の口から出てくるのは「可愛くない」「ばからしい」「センスが悪い」という言葉ばかり。それでも大好きな彼氏...。どんなに傷つけられても離れらたくなかったブリタニーは、彼氏からの誹謗中傷をずっと我慢してきました。しかし、そんなブリタニーの自尊心にとどめを刺すような出来事が起こります。

Facebook/Brittaney Lynn Shane

その彼氏にフラられてしまったのです。その理由は「もっとかわいい女の子を見つけたから」でした。こんなひどい仕打ちを受けたブリタニーでしたが、彼女はそのとき怒らなかったばかりか、自分を責めてしまったといいます。自分がもう少し細くて、可愛くて、若かったら、彼氏に振られなかったかもしれない。そんな思いが頭から離れず、ひどく落ち込んでしまったといいます。

しかし、数ヶ月が経った頃、このままではダメだと思ったブリタニーは思い切って元カレに手紙を書くことにしました。

書き終えた後、とても気持ちが楽になったことに気づいたブリタニーは、その内容を Facebook に投稿しました。似たような経験をしている他の女の子達にも勇気を分けてあげたいと考えたからでした。ブリタニーの投稿は公開されるやいなや、大きな反響を呼びました。

Facebook/Brittaney Lynn Shane

「私には長い髪は似合わない、短い方がいいってあなたが言った。だから私はいつも髪の毛を肩よりも短くていした。私が髪の毛を赤く染めたとき、あなたに笑われた。だから私はその1週間後、元のブロンドに戻した。

あなたは、私のメイクが濃すぎるって言った。だから私はアイライナーとマスカラをつけるのをやめた。

あなたがピアスはダサいっていうから、私はピアスをすべて外した。私の体にストレッチマークを見つけたとき、あなたはそれをすぐに指摘した。だから私はそれがなるべく見えないように隠した。私が少しでも太ったときも、あなたはそれをすぐに指摘した。だから、私は毎日食事の量を減らしていった。

あなたは、私の体のありとあらゆる欠点を指摘した。そして、私は自分に対する自信を失っていった。2年間かけて私は、自分がいかにあなたにふさわしくない人間か、私にとってあなたがいかに高根の花であるかを学んだ。私は、あなたが求める女をを目指して出来る限りのことをした。あなたに言われたことは何でもした。それでもあなたは満足しなかった。そして、私よりも若い、きれいな子を選んだ。私のようにあなたの言うことを何でも聞いてしまうような大人しい女の子だった。

数ヶ月前まで、私はあなたにフラれたことや自分に起こったことすべてが自分のせいだと思っていた。あなたが私のせいだと言っていたから。でもね、やっと今になって真実が見えてきたの。高根の花だったのは、あなたじゃなくて私だったってことを。ふさわしくなかったのは私じゃなくてあなただったってことを。あなたは、あるがままの私を受け入れることができなかった。私は、欠点だらけのあなたを受け入れたのにも関わらず。一度だけ、私はあなたに変わって欲しいって頼んだことがあった。私のことが大事だってことを態度で示してくれるように。でも、あなたは変わらなかった。

これが数ヶ月後の私。髪も肩より長くなった髪は、真っ赤に染めてある。ピアスも戻った。メイクも再開した。何でも好きなものを食べて、体重は健康体。60キロあるわ。今でもストレッチマークは消えてない。

Facebook/Brittaney Lynn Shane

 私は自信を取り戻した。やっと。

鏡を見て、そこにちゃんと自分が見えている。あなたの言いなりになっていた女の子じゃない。あなたには、新しい生活があり、彼女がいて、あなた側の言い分を持っているけれど、これで私はもう、あなたのものじゃなくなった。一切。

たった1人の男に振り舞わせれてしまった自分の弱さを認めるのは、簡単なことじゃなかった。絶対自分はそんな女にならないと思っていた。あなたといるために自分を落としてしまったと思うと、恥ずかしくなる。今、勇気を出して言葉にできるのは、その状況を乗り越えて本来の自分を取り戻すことができたからだと思っている。」

Facebook/Brittaney Lynn Shane

どんなに慣れ親しんだ仲でも、お互いに侮辱されたり、批判される筋合いはないはずです。ふと気づけば、多くの人がそのことを忘れてしまっているのではないでしょうか。ブリタニーは、他人の好みに合わせた自分ではなく、自分にとって心地よい自分こそが本来の姿であると強く信じています。彼女の言葉は、世界中の330,000以上の人々から共感を得ています。

ブリタニーの言葉を、友達にもシェアしてください!

コメント

おすすめの記事