脳性麻痺の少女と母親にスーパーが贈ったサプライズのプレゼント

ビエトリス・リーチは、まだ2歳の女の子です。しかしその短い人生の中ですでに多くの経験をしてきました。 出産予定日より7週間も早く未熟児として生まれてきたビエトリスは、8か月の時に脳性麻痺と診断されました。脳性麻痺は、生後4週までの間に何らかの原因で受けた脳の損傷によって引き起こされる運動発達の障害です。脳の運動を司る部分に損傷を受けているため、筋肉を自発的に上手く動かすことができません。

Youtube/USA Today

障害は日常生活に困難をもたらします。「彼女は視力が悪くて、這うことも、まだ喋ることもできない」ビエトリスの母メロディーは説明します。

Youtube/USA Today

メロディーとビエトリスがいつも苦労するのは、「買い物」です。通常、幼い子供にとって母親との買い物は、ちょっとした楽しい冒険のはず。さまざまな商品が並ぶ色とりどりのお店は、子供たちの感性を刺激します。しかしメロディーとビアトリスの場合、買い物はあまり楽しいものではありませんでした。

Youtube/USA Today

「ビエトリスの股間接は片方が脱臼していて、買い物カートの椅子には乗ることができない。体が大きく成ってバギーには乗れなくなったから、お店に入る時は車いすに乗らないといけない。片手で車いすを押しながら、もう片手で買い物かごを持つの。」

Youtube/USA Today

「ビアトリスは、買い物をしてるとよく痙攣を起こしてしまう。車いすに体を起こした状態で座るのは、ビエトリスにとっては激しい運動なの」メロディーは、ビエトリスの体への負担を減らそうとビエトリスをカートのカゴ部分に寝かしてみたこともあります。体がひっくり返らないように飲料のケースを支えとして入れ、買い物カゴはカートの下の段に入れていました。

Youtube/USA Today

メロディーは娘を買い物に連れて行けないこともあります。そういう日には、買い物をするためだけにビエトリスの世話をしてくれるヘルパーを雇わなければなりません。つまり、ビエトリスと一緒に出掛けないと買い物の費用が何倍にも膨れ上がってしまうのです。

Youtube/USA Today

ある日、メロディーはスーパーマーケットのマネージャー、マイク・マイヤーズに声をかけられました。マイクは、ビアトリスの障害について知りたいようでした。彼は、いつも不便そうに買い物をしているメロディーとビアトリスの様子が気になっていたのです。

Youtube/USA Today

「僕の友人の兄弟も脳性麻痺なんだ」ビアトリスを見て、そう説明しました。

Youtube/USA Today

ビアトリスとメロディーにとって買い物がストレスであることを知り、マイクは残念な気持ちになりました。この店には、体の不自由な人でも買い物しやすい環境があるべきだ。そう考えたマイクは、さっそく上司に事情を説明したメールを送り、スーパーのスタッフと一緒にある計画を進めました。

Youtube/USA Today

それからしばらく経ったある日のこと、スーパーを訪れたメロディーを信じられないサプライズが待ち受けていました。それは障がい児専用の椅子がついた新しい買い物カートでした。カートにはリボンが付けられ、「ビエトリス用」と書かれた紙が貼られていました。まるでお姫様の馬車のよう!

Youtube/USA Today

「お店は私たちのことをどうして気にかけてくれたの?たった一組の親子なのに!」メロディーは、お店の温かい心遣いに感動しました。このカートがあれば買い物はぐっとスムーズになり、看護師を雇う費用も節約することができます。スーパー側としては、当たり前のことをしたまででした。

Youtube/USA Today

感動の瞬間は、動画で見ることができます:

このスーパーの温かい心遣いに感激しました。マイクの行動にあなたも心動かされたなら、シェアしてください!世の中には親切な人がいるということを、思い出させてくれるストーリーですね。

コメント

おすすめの記事