ちえとくをフォローする

おもしろ・びっくり

【あおり運転】ものすごい勢いで近づいてくる後続の車に不安になった。しかしAirDropに投下されたメッセージを読んでハンドルを切り損ねるほど爆笑した

近頃話題になっているのが、自動車のあおり運転。車間距離を全くとらず、前の車両にピッタリと距離を詰めて走ったり、執拗な幅寄せをしてみたり、急発進、急停車したり…そんな危険な走行を意図的に繰り返すあおり運転による事故やトラブルが近年、大きく取り沙汰されるようになって来ました。

今回紹介するのは、あるTwitterユーザーの身に起きた、驚きのエピソード。

投稿したのは、 Twitterユーザーの@km03728012さん。投稿者が車で道を走っていると、後ろの車の様子が少しおかしいことに気づきます。どうも、普通より距離を詰めて走っているようなのです。

「これはもしや、あおり運転…?」警戒し、左側に車線変更をしようとした投稿者さん。その瞬間、フロントガラスに付けていたiPhoneに通知が入ります。

1

どうやら、AirDrop機能で、後ろの車の運転手が自分のiPhoneにメッセージを送ってきたようなのです。まさか「邪魔だ、どけ」とか、そういう怖いメッセージ…?投稿者さんは恐る恐るそのメッセージをチェックしました。
すると…

[email protected]

[email protected]

[email protected]

これは緊急事態です…!
後ろの車の運転手、ウン○に行きたくて、焦って運転していたんですね。

さっき一般道の右車線走ってたんだけど、若干煽り気味の軽バンいて、怖いなぁ〜思ってたらアイフォンにAirDrop来て、もっと怖ぇーって思ってちらっと内容見たら……

うんこ漏れ撲滅運動してる味だから、即座に譲った。

いかがでしたか?怖い人が登場するのかと思ったら、なんともほんわかした結末でしたね。ただし今回のケースのように、運転中に相手を笑わせてしまうのも大きな危険になりうるので、絶対にマネはしないようにしましょうね!ぜひシェアしてください!